なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

ニュース&お知らせ

報告:原告が希望の持てる判決を求める署名(福島原発千葉訴訟第一陣控訴審)

なのはな生協
2020年5月13日

 

報告:原告が希望の持てる判決を求める署名(福島原発千葉訴訟第一陣控訴審)

組合員の皆様にお願いしておりました「原告が希望の持てる判決を求める署名(福島原発千葉訴訟第一陣控訴審)」の集約を行い、原発被害救済千葉県弁護団あてに発送いたしましたので報告いたします。

署名1106筆


福島原発千葉訴訟第一陣控訴審
原告が希望の持てる判決を求める署名

東京高等裁判所第22民事部
裁判長裁判官 白井幸夫 様
裁判官    中山典子 様
裁判官    澤村智子 様

<国と東京電力の責任を認め、原告が生活再建できる賠償を実現させてください>

2011年3月の東日本大震災に伴い、福島第一原発事故は大量の放射性物質を放出し甚大な被害を及ぼしました。千葉訴訟第一陣控訴審の原告らは突然襲い掛かった降り注ぐ放射性物質の恐怖から逃れるため必死の思いで千葉県に避難した方々です。原告らは国と東京電力に対し、原発事故の責任を明確にし、原告らが奪われた多大な損害の賠償という極く真っ当な権利の実現を求めています。
国は国策として原発は安全と標榜して稼働を推進してきました。国は2002年に地震調査研究推進本部の長期評価が出され、三陸沖から房総沖に大きな津波の危険を知りました。それにも拘らず規制権限を行使して東京電力に対策を取らせることを怠りました。電気を供給する公共性の高い企業であるはずの東電は対策を講じることなく漫然と福島第一原発を稼働していました。その結果起こった大事故です。
降り注いだ放射性物質は風景を一変させました。豊かな大地・水・空気は失われ、住居・産業・コミュニティなど様々なものが奪われました。
裁判官の皆様は被災地を見聞して受けた思いを判決に活かしてください。元に戻せないのであれば、賠償は生活再建できる希望の持てる判決を求めます。


 

ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

通常総代会に関する公告

通常総代会に関する公告

2020年5月1日
なのはな生活協同組合
理事長 加瀬 伸二

下記の通り『第48回なのはな生協通常総代会』を開催します。

1.日時  6月22日(月曜日) 午前10時00分~
※受付開始は9時45分からです。

2.場所  なのはな生活協同組合 大会議室

3.議題
第1号議案2019年度事業報告承認の件
第2号議案2020年度事業計画承認の件
第3号議案役員選任規約一部改定の件
第4号議案定款一部改定の件
第5号議案組合員除名の件

 

 

以上

新型コロナウイルス感染拡大の影響によるイベント中止のお知らせ

2020年3月24日

新型コロナウイルス感染拡大の影響によるイベント中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、多数の参加者が集うイベントの開催を中止することにいたしました。

ご参加ご希望の組合員の皆様には申し訳ございませんが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

◎中止のイベント
2020年4月2日ピースミュージアムと 丸木美術館見学会
2020年4月開校 みみずの学校2020(全3回)
2020年5月予定 田植え体験ツアー

[お問い合わせ]
なのはな生協 担当:涌井
フリーダイヤル 0120-910-871
携帯からは   043-216-7087

報告:東海第2原発の再稼働について東葛地域で住民説明会を求める署名活動

なのはな生協

報告:東海第2原発の再稼働について東葛地域で住民説明会を求める署名活動

茨城県にある東海第二原発は1978年運転を開始し、今年11月に40年を迎える最も古い老朽原発です。
30㎞圏内に水戸市があり、96万人が暮らしています。
栃木県まで50㎞、千葉県まで80㎞、東京までわずか110㎞であり、まさに首都圏の原発である事が分かります。
首都圏には3000万人が生活しており、福島原発事故を考えれば避難など困難なのはあきらかです。
しかし、規制委員会からは準適合性許可(合格証)、20年運転延長認可が下りています。
東海第二原発は東日本大震災で被災、損傷し、冷温停止するまでに3日半もかかりました。
震災以降7年以上も稼働していません。
玄海原発の例もあるように再稼働となれば不測の事態が起こる可能性が高い原発です。
福島原発事故で被害は広範囲に渡ることが分かりました。
首都圏に最も近い一度過酷事故が起これば首都が壊滅することは容易に想像できます。

2019年7月、東葛地域の組合員の皆様にご協力をお願いした「東海第2原発の再稼働について東葛地域で住民説明会を求める署名活動」の結果とその後の報告の連絡がありましたので、掲載します。

新型コロナウイルス感染拡大の影響によるイベント中止のお知らせ

なのはな生協
2020年2月21日

新型コロナウイルス感染拡大の影響によるイベント中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、多数の参加者が集うイベントの開催を中止することにいたしました。

ご参加ご希望の組合員の皆様には申し訳ございませんが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

◎中止のイベント
2020年3月5日安全たしかめ隊【製造所見学会:鎌倉ハム】
2020年4月2日ピースミュージアムと 丸木美術館見学会

[お問い合わせ]
なのはな生協 担当:涌井
フリーダイヤル 0120-910-871
携帯からは   043-216-7087

年末年始営業のご案内

なのはな生協

年末年始営業日・営業時間のご案内

年末年始の営業日・営業時間についてご案内いたします。
2019年、なのはな生協をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
2020年も、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

尚、休業期間中も1月2回のインターネット注文は24時間受け付けております。

報告:台風19号被害お見舞い募金

なのはな生協

報告:台風19号被害お見舞い募金

このたびの災害で犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表します。
また、被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

なのはな生協組合員の皆様にお願いをして参りました「台風19号お見舞い募金」の集計を行い、あいコープみやぎ、あいコープふくしま、(株)ジェイラップ、福島東和有機農業研究会へお渡しいたしましたので、ここにご報告いたします。

募金総額
1,892,200円

 

ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

御礼状が届きました:台風15号お見舞い募金

なのはな生協組合員の皆様にお願いをして参りました「台風15号お見舞い募金」の寄託先、千葉北部酪農農業協同組合(八千代牛乳)と三里塚微生物農法酵素の会 堀越さんから御礼状が届きましたので、掲載いたします。

 

「こども・若者未来基金」への寄付のお願い2019

なのはな生活協同組合

 

組合員のみなさまへ

「こども・若者未来基金」への寄付のお願い
(NPO法人)ちばこどもおうえんだんの「こども・若者未来基金」の趣旨に賛同した、県内3つの生協
(生活協同組合パルシステム千葉・なのはな生活協同組合・生活クラブ生活協同組合)が、同じ時期に、寄付募集統一キャンペーンを行っています。

2017年度より県内3生協が連携して寄付募集を行った、ちばこどもおうえんだん「こども・若者未来基金」は3年目を迎えます。
これまでに、約1,680万円の寄付が集まりました。
22人(31件)の子どもたちの自立を応援することができました。(助成内容につきましては、裏面をご覧下さい。)
寄付をしてくださった皆様には、心より感謝します。

社会的養護下に暮らす(暮らした)子ども・若者の自立への支援は、民間を中心に少しずつではありますが整備されようとしています。
しかし多くの子ども・若者の自立には困難がついて回ります。
「こども・若者未来基金」は、社会的養護下に暮らす(暮らした)子どもたちに寄り添い、『いったんは挫折しても再チャレンジしたい』、そんな子どもたちの多様な自立を伴走者と共に応援します。

今年度も、ひとりでも多くの子どもたちを応援できるよう、皆様のご協力をお願いします。

 

特定非営利活動法人ちばこどもおうえんだんについて
(NPO法人)ちばこどもおうえんだんは、「千葉県内に暮らす辛い思いをしている子どもたちのことを何とかしたい!」と、2015年4月に
①社会的養護の必要な子どもの自立支援、
②貧困家庭・要支援家庭の子どもの支援事業、
③里親家庭の支援事業、
④啓発・広報事業及び政策提案、
⑤調査研究・情報収集事業を目的に設立しました。
同年7月より千葉市里親制度推進事業を受託し、千葉県内4生協(生活協同組合コープみらい・生活協同組合パルシステムちば・なのはな生活協同組合・生活クラブ生活協同組合)や労働福祉団体(一般社団法人千葉県労働者福祉協議会)が参画し事業をすすめています。
また、このたび設立した「こども・若者未来基金」は、生活協同組合パルシステムちば・なのはな生活協同組合・生活クラブ生活協同組合の参加のもと企画運営されています。

募金方法

※注文時に下記の6ケタ番号と口数をご記入ください。
募金番号:010009  1口金額:100円
募金番号:010010  1口金額:1,000円
受付期間 11月4日(月)~11月29日(土)まで

問合せ:043-216-7087 または 0120-910-871
Mail:event@nanohana-coop.or.jp
なのはな生協  組合員活動室 担当 伊藤

助成を受けた人・伴走者の声  ( )内助成年度 ●助成したメニュー

*本人Aさん(2018年度)

●まなびサポート・くらしサポート
大学では、テストや課題が多く、苦労が多いですが、楽しく充実した学生生活を送っています。
悩みやつらさを共有できる友達に囲まれ、大変なことでも乗り越えられています。

*本人Bさん(2018年度)

●資格サポート
(子ども・若者未来基金の助成により、普通自動車免許の取得)
クレーンの免許取得ができた。
職場の先輩が、うるさいと感じる時がある。

*本人Cさん(2018年度)

●資格サポート
職場の人間関係で困っているが、辞めても次の仕事など、すぐに決められそうにもないので、しばらく我慢する。手に職をつけたいので、専門学校に行くことも考えている。

*Cさん伴走者Dさん
自動車免許を取る為に、自ら一歩を踏み出した事は、今まで何事にも自信がなく、引っ込み思案なCにとっては、良い経験になっています。

*本人Eさん(2017年度)

●くらしスタート
今は、仕事をやめてしまいましたが、くらしサポートのお陰で、一人暮らしをスターとさせることが出来ました。とても助かりました。ありがとうございます。これからまた頑張っていこうと思います。

*Eさん伴走者Fさん

現在、本人が就職活動に踏み切れずに、生活をしています。他機関と連携をとりながら、本人を支えていこうと考えていますが、本人の気持ちが定まらず、行動に移せないことで支援が滞っています。連絡が途絶えないように、少しでも会いに行けたらと考えています。

*伴走者Gさん(2017年度)

●くらしスタート
数多くある退所者支援の助成金の中でも、これだけ柔軟に社会的養護の子ども達のためにご活動されている団体も基金もありません。伴走者の仕組みは、アフターケアの機能を併せ持っていると思います。

自立にかかるお金は?
*アパートを借りる**
家賃5万円として・・・
敷金・礼金・2か月分の家賃など、少なくても25万円必要
*家財の購入*
およそ15万円
*自動車免許取得*
およそ25万円
*大学・専門学校などに進学の場合*
入学金+授業料+月々の生活費がかかります。ほとんどの子どもは、アルバイトと奨学金、貯金の取り崩しで賄います。
ダブルワークで、挫折する子も・・・

2018年度寄付額実績 7,288,560円*15%の管理・運営費を含む

【助成内容】

2017年度 2018年度
メニュー 件数 金額(円) 件数 金額(円)
くらしスタート 4 1,158,440 4 800,000
資格サポート 3 900,000 3 900,000
まなびサポート 3 900,000 4 1,040,000
くらしサポート 2 2,160,000 7 5,160,000
入学金つなぎサポート 0 0 1 500,000
合計 12 5,118,440 19 8,400,000

2017年度実績
【寄付額実績】9,493,000円(2016年度分寄付含)
*15%の管理・運営費を含みます。

◆お金でおうえん

内容
くらしスタート(住宅サポート) 1人暮らしを始めるに当たっての必要な資金援助・住宅資金、家財購入
くらしサポート 進学した子どもの月々の生活の援助
資格サポート 資格取得に必要な資金の援助
まなびサポート 入学金や授業料等の援助
途中も緊急もサポート 緊急資金援助
入学金つなぎサポート 他の奨学金からの借入金が支払われるまで、入学金等の仮払い

◆お金以外でおうえん

内容
就職支援 インターンシップ・就職体験、紹介など
住居紹介 低価格・保証人不要住居の紹介

◆伴走者をおうえん
子どもたちに寄り添う伴走者の経費の補助

 

社会的養護で育った子ども・若者の自立を、伴走者ごとおうえんします!

台風19号被害のお見舞い募金にご協力ください

なのはな生協

台風19号被害のお見舞い募金にご協力ください

10月12日から13日にかけて関東地方から東北地方を襲った台風19号は、河川の氾濫などによって甚大な被害をもたらしました。

13日早朝より成田市内の生産者を訪ねましたが、露地ものの大根やにんじん、キャベツ、ねぎなどに被害が集中していました。


「やっと傷んだ野菜が回復してきたのに、また台風の被害で何とも言いようがないです」(みみずの会・府間さんの奥さん)という状況です。

14日はふくしま東和有機農業研究会を訪ねました。
とりわけ佐藤佐一さんの被害の大きさには言葉を失いました。


12棟のビニールハウスの内、川の氾濫によってハウスの上に1メートルもの土砂(ヘドロ)が積もり、6棟が押しつぶされていました。
他のハウスも土砂が流れ込んでいましたが、「骨組みを修復すれば何とか使えるかな」(佐藤さん)という状況です。
「ヘドロの量は、大型ダンプ100台分でも運び出せないだろう。
そもそもこのヘドロの持って行き場がなく、どうしたらいいものやら。まだ、どう段取りしたらいいのか考えつかない」と憔悴しきった様子で話されていました。


ハウスの中には、取り始めたばかりの菌床シイタケ3000株や冬から春にかけて栽培する予定のほうれん草、春菊、小松菜、大根などの苗がありましたが、すべて流されてしまいました。

 

その後、友好生協(生協ネットワーク21)のあいコープみやぎへ向かいました。
着いてすぐ目にしたのは、玄関先に積み上げられた書類などの山。
中に入るとOAフロアーになっている1階事務所は、すでに床が外されコンクリートがむき出しになっていました。


床上浸水50センチとのこと。
冷蔵倉庫内は停電し、ドライ商品の集品作業用のラインも止まったままでした。
外には水没した商品がカゴ車にたくさん積み上げられていました。


「もったいないけど捨てるしかないですね」と大滝常勤理事。
配送車両5台、営業車8台も水没したとのことでした。
宮城県内でもあちこちで川が氾濫したため「役職員の住宅にも被害が発生し、出勤できない状態にある人もいる」とのことで、同じ生協人として他人事ではいられない気持ちになりました。

15日は他の生産者を訪ねましたが、やはり酷い状況でした。
組合員の皆様には上記のような状況をご理解いただき、台風15号に続き大変心苦しいところですが、お見舞い募金活動にご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

≪注文書の6桁記入欄に番号と口数をご記入ください≫
010930 1口: 100円
010940 1口: 500円
010950 1口:1000円
※11月8日までにお願いいたします。