なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

ニュース&お知らせ

お見舞い募金にご協力ください

なのはな生活協同組合

組合員各位

お見舞い募金にご協力ください。
台風15号被害生産者に支援の手を‼

9月9日、台風15号が千葉県を直撃しました。
早速、被害状況の確認のため生産者を訪ねました。
最初に向かったのは内田農園(八街市)です。
圃場で目にしたのは、散乱したマルチと押しつぶされたビニールハウス、引きちぎられて飛ばされた作業小屋のドアでした。
芽を出して間もないニンジンや大根、移植直前のレタスや白菜などが畑に叩きつけられたような状態になり、里芋の葉は引きちぎられていました。
内田美津江さんは、「いい具合に伸びてきたが、放って置いていくらかでも回復するのを待つしかない。」と半ばあきらめ顔。

次に向かったのは、三里塚微生物農法酵素の会副代表・堀越一仁さん(成田市)の圃場です。
ここでもビニールハウスの骨が折れ曲がり修復は困難な状態でした。
「露地ものの小松菜はダメで、ニンジンはどれだけ持ち直すかだね。会のメンバーもみんな同じ状態だね」と一仁さん。
昨春から跡継ぎとして就農した佑弥さんも「爺さんも経験したことのない台風と言っているし、最悪ですよ」と。

同会代表の奥さん・木内紀代美さん(成田市)は、ビニールハウスが2棟根こそぎ吹き飛ばされ「ミニトマトの収穫がやっと始まったばかりなのに(半分土に埋まった状態を指さし)全部だめになってしまった」と悔しさをこらえるかのように話されました。

みみずの会代表・菅沢繁樹さん(成田市)を訪ねた時、ビニールが引きちぎられ折れ曲がったハウスの撤去作業をしているところでした。
数棟被害に遭っていましたが、「太陽熱消毒をしていたので締め切ってあり、風が抜けなかったため被害が大きくなってしまった」と奥さんの喜代子さんは、肩を落とさんばかりに落胆した状態で話されました。

産直卵の生産者・椿政明さん(神崎町)の鶏舎は壁が吹き飛ばされ、浸水していました。
「今までなかったことだけど、今日は息子が会社を休み手伝ってくれている」「停電で自家水道が使えないので、知人から借りたという発電機を動かし鶏の給水を行っている」と言い、この日伺うことができず電話で話したカイシン・小倉睦夫さん(香取市)も、「鶏は水を1日やらないと死んでしまうので、トラックで水を貰いに行き給水している」とのことでした。

この他数軒訪ねましたが、いずれも同じような状況でした。
そこで、今後も安全で新鮮、美味しい野菜や卵などを生産して頂くために、お見舞い募金を行います。
つきましては、組合員の皆様には上記のような状況をご理解いただき、ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

≪注文書の6桁記入欄に番号と口数をご記入下さい。≫
010930 1口: 100円
010940 1口: 500円
010950 1口:1000円

台風15号の影響による配達遅延・商品欠品等のお詫びとお知らせ

組合員各位

台風15号の影響による配達遅延・商品欠品等のお詫びとお知らせ

 

なのはな生協をご利用いただき、誠にありがとうございます。
9月9日に千葉県に上陸した台風15号の影響により、大規模停電、交通網の乱れが発生し、商品生産製造・物流に大きな支障が出ています。

組合員の皆様には、配達遅延・欠品等で大変なご迷惑をおかけする事となり誠に申し訳ございません。
お届けできない商品につきましては、配達時にお渡しする「商品お届け情報」に記載の通り、次週の明細で訂正させていただきます。

ご不便をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

 

9月11日

なのはな生活協同組合
TEL:0120-910-871 043-216-7087

報告:すべてのゲノム編集食品の規制と表示を求める署名活動

なのはな生協

報告:すべてのゲノム編集食品の規制と表示を求める署名活動

組合員の皆様にお願いしておりました「すべてのゲノム編集食品の規制と表示を求める署名活動」の署名用紙を集約し、遺伝子組み換えいらない!キャンペーン宛に発送いたしました。

計1,013筆を発送いたしました。

ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

 

2019年度 第3回フードドライブ

なのはな生協

2019年度 第3回フードドライブ

ご家庭に眠っている食品大募集!

「フードバンク」とは、品質に問題がないのに廃棄せざるをえない食品を、企業・団体・個人から寄付してもらい、必要としている人に無償で届けるボランティア活動です。
「フードバンクちば」は、千葉県内で食品を企業や個人から無償で引き取り、フードバンク活動を行っている団体です。
「フードドライブ」は、家庭で余っている食べ物を学校や職場などに持ち寄り、それらをまとめて地域の福祉団体や施設、フードバンクなどに寄付する活動です。


皆様の家庭から集まった食品によって、食べる喜びや社会とのつながり、安心をも届けられます。

 

フードドライブ≪食品の回収≫にご協力ください!
回収期間: 9月9日(月)から10月4日(金)まで
回収方法:配達時に提出
※不在の方は配達置き場に出して下さい

 

【手 順】
①寄付いただく食品は下記のリストを参照下さい。提出できる食品は、回収票のチェック項目全てに該当するものです。
②回収票は、必要事項をご記入の上、寄付する食品に貼りつけてください(2個以上の際は1つの袋にまとめる)

 

寄付いただきたい食品リスト
■穀類(お米、麺類、パスタ等)   ■乾物(のり、豆など)
■保存食品(缶詰、ビン詰め等)   ■調味料各種、食用油
■インスタント食品、レトルト食品  ■菓子類
■飲料(ジュース、コーヒー、お茶等)■ギフトパック(お歳暮・お中元等)
※注意:アルコール類は不可
▼チェック項目※必ず確認してください。
◆賞味期限が明記され、かつ2ヶ月以上ありますか?
◆常温で保存可能ですか?
◆未開封ですか?
◆破損で中身が出ていませんか?
◆(お米を寄付頂く方)2018年度産・2019年度産に限ります(玄米可)

回収表(PDF)はこちらから>>

すべてのゲノム編集食品の規制と表示を求めます(署名活動)

なのはな生協

ゲノム編集食品とは? 何が問題?

【署名活動】

Qゲノム 編集 って何?

Aゲノムとは、すべての DNA のことをいいます。 DNA にはすべての遺伝子 が ありますから、すべての遺伝子といってもいいと思います。
ヒトゲノムというと人間の遺伝子全体を指します。
そのゲノムを自由自在に編集でき ることから 「 ゲノム編集 」 と名付けられました。

 

Qゲノム編集 で何ができるの

Aゲノム編集は、 基本は目的とする遺伝子の働きを壊す技術です。
生命体はバランスや調和で成り立っています。
体を大きくする遺伝子がある一方で、あまり大きくなり過ぎないように抑制する遺伝子があります。
大きくする遺伝子を壊すと、小さいままの動物が誕生しますが、中国ではすでにマイクロ豚がペットとして販売されています。
逆に抑制する遺伝子を壊すと、成長が早く肉の多い魚や家畜が誕生します。
これもすでに市場化が間近な状態にあります。

Qどのようにして遺伝子を壊すの

Aゲノム編集 では、 「 CRISPR Cas 9( クリスパー・キャス ・ナイン) 」と呼ばれる 手段 が使われます。
これは壊す遺伝子への案内役である ガイド RNA と 、 DNA を切断して 遺伝子を壊す ハサミの役割を果たす制限酵素が組み合わ さったものです。
この仕組みを利用すると簡単に目的の遺伝子を壊せます。
ゲノム編集では壊した遺伝子の代わりに新たな遺伝子を挿入することも可能です。
ネズミの皮膚の遺伝子を壊し、人間の皮膚を作る 遺伝子を挿入すれば、正確な組み換えが可能になります。

 

Qゲノム編集の問題点とは?

Aゲノム編集技術は DNA を切断するという粗っぽい方法で、生命体の最も大事な遺伝子を壊します。
壊してよい遺伝子などありません。
生命の操作が拡大しています。
このままでは自然の調和が壊れてしまいます。
さらに遺伝子を壊した際に、 目的外の遺伝子を壊す「オフターゲット」が 必ず起きます。
それが重要な遺伝子を壊せば、その生命体にとって大きな影響が出るだけでなく、環境や食の安全にも影響してきます。
さらにはゲノム編集した細胞と通常の細胞が入り乱れる「モザイク」も起きます。
これも環境や食の安全に影響が出かねない問題です。
とても安全とは言えない技術です 。
米国では、2015 年から除草剤耐性ナタネが、 2018年からは高オレイン酸大豆が栽培・収穫され、 流通を始めました。
他にもさまざまなゲノム編集作物の研究・開発が進んでいます。
このままでは、ゲノム編集技術を応用した作物や家畜が私たちの食卓に登場することになりそうです。
だから私たちはゲノム操作編集) 食品に反対します。
ぜひみなさんも声をあげ、署名にご協力ください。

>>署名用紙はこちらからダウンロード

※配達時にご提出ください。なのはな生協宛郵送でも受け付けます。

 

[呼びかけ団体]

遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
特定非営利活動法人
日本消費者連盟

 

太陽光発電所名称決定

なのはな生協

太陽光発電所名称決定

 

2019年6月24日なのはな生協第47回通常総代会にて、なのはな生協本部に新たに設置する太陽光発電所の名称を発表いたしました。

名称
「なのはなおひさま発電所」

2019年7月に完成し、これによりセットセンターで使用している電気の一部が再生可能エネルギーとなります。

ご応募頂きました皆様、ありがとうございました。

第47回通常総代会

6月24日(月)船橋グランドホテル(船橋市)に於いて、なのはな生活協同組合第47回通常総代会を開催いたしました。

開会宣言及び議長選出の後、総代議事運営委員、資格審査委員、書記の指名が行われ、

加瀬理事長からは議事に先立ち、なのはな生協の平和活動、反原発活動、食の安全を確保するための取り組みなど、なのはな生協の基本理念「人の命と暮らしを守る生協」として体現していく事柄についてのお話がありました。

来賓祝辞・祝電披露と続き、

岩﨑専務理事からは2018年度の活動についての説明がありました。

質疑応答のあと議事に移り

第1号議案2018年度事業報告承認の件
第2号議案2019年度事業計画承認の件
第3号議案定款一部改定の件
第4号議案役員選任の件
第5号議案役員退任慰労金支払いの件
第6号議案組合員除名の件

すべて可決されました。


出資配当のお知らせ

出資配当は0.1%に決定しました。

1.出資配当は年0.1%とし、2019年3月末日の出資残高により計算します。

なお、出資配当の受取金額は、20.42%の所得税及び復興特別所得税を控除した額です。

2.出資配当を受けられる対象者は2019年6月24日の総代会当日に在籍している組合員となります。

3.出資配当の支払いは、各組合員の出資金に振り替えることによって実施します。

以上

通常総代会に関する公告

通常総代会に関する公告

2019年5月1日
なのはな生活協同組合
理事長 加瀬 伸二

先に行いました「第10回理事会」の承認を経まして下記の通り『第47回なのはな生協通常総代会』を開催します。

1.日時  6月24日(月曜日) 午前9時45分~
※受付開始は9時15分からです。

2.場所  船橋グランドホテル「桐の間」船橋市本町7-11-1

3.議題
第1号議案2018年度事業報告承認の件
第2号議案2019年度事業計画承認の件
第3号議案定款一部改定の件
第4号議案役員選任の件
第5号議案役員退任慰労金支払いの件
第6号議案組合員除名の件

 

 

以上

報告:2018年度こども・若者未来基金

なのはな生協

報告:2018年度こども・若者未来基金

2018年11月から12月にかけて組合員の皆様にお願いしておりました「こども・若者未来基金」募金活動の報告です。

募金総額 775,800円

上記の金額をNPO法人ちばこどもおうえんだん「こども・若者未来基金」へ寄託いたしました。

 

NPO法人ちばこどもおうえんだん「こども・若者未来基金」より報告書と報告会への案内状が届きました。

組合員の皆様へ4月分口座振替日変更のお知らせ

2019年3月吉日

組合員各位

なのはな生活協同組合

【重要なお知らせ】
4月分口座振替日変更のお知らせ

 

平素より なのはな生協をご利用いただき、誠にありがとうございます。
さて、すでにご承知の通り、2019年5月1日の改元、同日を祝日とした4月27日(土)から5月6日(月)までの10連休に伴い、金融機関は休業となります。
つきましては、誠に勝手ながら、通常毎月27日の代金振替日を4月分に限りまして26日とさせていただきます。

4月分(3月16日から4月15日までのご利用分)の請求書が発行されましたら、金額を確認後、4月25日までにご登録の口座へご入金していただきますようお願い申し上げます。
なお、4月分の再度振替日の設定はございません。
ご了承の程、何卒よろしくお願いいたします。

4月分ご請求期間     2019年3月16日から2019年4月15日
4月分ご請求書お届け日  2019年4月15日から2019年4月19日までの内の配達日
4月分口座振替日     2019年4月26日(金)

以上

お問い合わせ先
フリーダイヤル 0120-910-871 携帯からは 043-216-7087