なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

編集チームブログ

福島原発千葉訴訟第二陣(控訴審)第2回口頭弁論期日

9月23日(水)に行われる福島原発損害賠償請求千葉訴訟第二陣控訴審のお知らせです。
※福島原発損害賠償請求千葉訴訟…なのはな生協ではこの裁判に注目し、福島原発事故を風化させないため、福島の現状を知り支援するために傍聴を続けています。

福島原発千葉訴訟第二陣これまでの裁判の経緯

福島原発千葉訴訟第二陣(控訴審)は,福島第一原発事故によって千葉県に避難された6世帯17名の方々が,国と東京電力に対して損害賠償責任を求めている裁判です。

平成31年3月14日,千葉地方裁判所民事第5部は,国の責任を否定する判決を言い渡しました。
その理由ですが,津波により全交流電源喪失をもたらす浸水が生じることの予見可能性を認めつつも,
①その予測の確度は必ずしも高いとはいえないこと,
②地震対策の優先度が高く,平成19年7月に新潟中越沖地震が発生し,耐震性の問題がクローズアップされたこと,
③規制権限の行使には専門技術的判断が認められることから,津波対策より地震対策を優先させた判断が不合理ではない,というものでした。

しかし,群馬,福島,京都,東京,横浜,松山,札幌の各地裁判決では,いずれも国の責任が認められており,国の責任を認める流れが大勢を占めております。
また,千葉地裁民事第5部は,避難継続の合理性について,
㋐緊急時避難準備区域旧居住者に関し,平成24年8月末を超えて避難を継続した場合でも個別事情に応じて避難継続の合理性を肯定すると判示し,一審原告の個別事情を踏まえて平成25年3月末日まで避難の合理性を認め,
㋑自主的避難等対象区域旧居住者に関し,一定の場合は避難の合理性が認められると判示し,各一審原告の個別事情を考慮して,平成24年12月末日(又は平成23年4月6日)まで避難の合理性を認めました。

千葉地裁民事第5部は,これまでの賠償基準の不十分さを認め,これを超えた損害賠償を命じました。

しかし,認定した避難の継続の期間・損害額いずれも,原発被害者の被害実態に即した十分なものとは言い難いものです。

現在,福島原発千葉訴訟第二陣の審理は,千葉地裁から,東京高等裁判所第16民事部へ移りました。控訴審第1回口頭弁論期日において,一審原告ご本人の意見陳述等を行い,東京高裁の裁判官に対し,一審原告ご本人の声を直接届けました。控訴審では,原発被害者の方々が受けた現実の被害の大きさについて,東京高裁の裁判官にも十分理解していただけるよう,さらなる主張,立証を行い,慰謝料の増額とともに,必ず国の責任を認めさせ,被害の完全回復に向けて実態に即した全面的な賠償を実現させたいと考えます。


9.18さようなら原発 首都圏集会

9月18日、久しぶりに開催された「さようなら原発 首都圏集会」の様子です。

フィジカルディスタンスに配慮しつつ、行われました。

会場の日比谷野外音楽堂に集まったのは1300人(主催者発表)。

主催者の1人である落合恵子さん、サプライズゲストの佐高信さん、呼びかけ人の鎌田慧さんをはじめとする講演者が、「前政権の責任追及をしないといけない!」
「福島の避難者が置かれている理不尽な状況を覆したい!」
「東海第二の再稼働は絶対に認めてはならない。廃炉を!」と話されました。

当日の様子は、こちらからご覧になれます。

https://twitcasting.tv/sayonara_n2011/movie/641272357

簡単かぼちゃボール

お弁当にちょこんと可愛く♬ 冷凍かぼちゃを使って簡単に♪
冷凍かぼちゃ1/2袋を凍ったまま耐熱ボウルに入れ、柔らかくなるまで電子レンジで加熱します。バター小さじ1強、マヨネーズ大さじ1を加えてよく混ぜ合わせ、ラップで丸く形を整えれば完成です。

いつでも美味しい冷凍かぼちゃ、助かります。

こども食堂からべえ9/12

9月12日 成田市加良部ショッピングセンター内「こども食堂からべえ」開店日の様子です。

ボランティアスタッフによる準備が始まります。

本日のメニュー

 

ユナイテッド航空より、小籠包、スープ、お菓子の差し入れがあり、

お菓子のおみやげに にっこり♬

この日は、54名の訪問がありました。

常磐線再開から半年

9月5日 福島第一原発事故により不通となっていたJR常磐線が全線再開してから半年。
事故後不通区間として最後まで残っていた、富岡駅~浪江駅区間は2020年3月14日に再開されました。各駅前を訪れてみました。
浪江駅前です。人の往来はなく、静まり返っていました。

浪江町役場敷地内、浪江町仮設商業施設「まち・なみ・まるしぇ」にも人影はなく、

浪江消防署の前も静かでした。

次に、福島第一原発から直線距離で4.4kmの双葉駅前です。
真新しい駅舎。

しかし、こちらにも人影はありません。

付近の地表を測ってみると、

1.11μSv/hから1.76μSv/hという結果でした。
(国の示す基準値:年間の追加被ばく放射線量1mSv→放射線量が 0.23μSv/h の場における、年間の追加被ばく放射線量は1mSvにあたる)

次に、福島第一原発から直線距離で4.6kmの大野駅前です。

ここで立ち入りできるのは、駅のまわりの整備された部分と少し先にある大熊町役場新庁舎がある大川原地区を結ぶ道路のみ。

無機質な看板やバリケードが嫌でも目に飛び込んできます。

滞在はわずかな時間だったとはいえ、人とすれ違うことのない静まり返った閉ざされた世界に「復興」とはかけはなれた現実を感じました。

フードバンクちば

10月のフードドライブ実施を控え、フードバンクちばに行ってまいりました。
※フードドライブとは…家庭で余っている食べ物を学校や職場などに持ち寄り、それらをまとめて地域の福祉団体や施設、フードバンクなどに寄付する活動です。

千葉市中央区弁天にある事務所の中には棚があって、皆さんから届いた食品が、品目別、賞味期限別に整理してありました。

申請書をもとに、
家族構成、男女別、年齢、持っている調理器具などを考慮して、食品を箱詰めしていきます。

ご家庭で余っている食品がございましたら、ご協力をお待ちしています。

詳細は、こちら>>をご覧ください。

厚揚げときのこの照り焼き

厚揚げを使ったお助けメニューです。
厚揚げ1パックはお好みの大きさにカットします。まい茸1パックはほぐしておきます。生しい茸3枚は石づきを除き、薄切りにしておきます。
ポリ袋にまい茸、生しい茸、カットぶなしめじ1/2袋を入れ、片栗粉大さじ1を入れて上下に振りまんべんなくまぶします。
丸大豆醤油大さじ1、料理酒蔵の素大さじ1、味の母大さじ1、粗精糖大さじ1/2、和風だし一番小さじ1、根しょうが1片すりおろしを混ぜて調味液を作っておきます。
フライパンに玉絞ごま油大さじ1をひき、中火できのこを炒めます。火が通ってきたら厚揚げを加えてさらに炒めます。調味液を入れ、炒め絡めて完成です。

葉ねぎをちらして彩をそえます。

ツナカレー キーマ風

ほろほろ食感がクセになるカレーです。
玉ねぎ1/2個はみじん切りにします。にんじん1本はすりおろします。にんにく1片、根しょうが1片はすりおろしておきます。じゃが芋1個はラップに包み電子レンジでやわらかくなるまで加熱し、つぶしておきます。
鍋に油を熱し、にんにく、根しょうが、玉ねぎを炒めます。玉ねぎに火が通ったら、にんじんとじゃが芋、ツナ缶1缶、はちみつ大さじ1、水400ccを加えます。全体が煮立ち、とろんとしてきたら、コクと香りのカレールゥ中辛80g(1/2箱)を加えて弱火で煮込めば完成です。

香り高いカレーです♪

オイルサーディンとミニトマトのパン粉焼き

千葉産直サービスのオイルサーディン(缶)を使った簡単レシピです。
オイルサーディン1缶は身を耐熱皿に移し並べます。缶の中に残ったオイルに、にんにく1片すりおろしを入れて混ぜます。ミニトマト3個は半分にカットし耐熱皿に並べます。オイルを回しかけ、身が隠れる程度のパン粉を振りかけ、マヨネーズをまんべんなくかけます。オーブントースターで10分程度加熱し、焼き色が付いたら完成です。

パセリとこしょうをトッピング。良い出来栄えです✽
 

「原爆の絵展」へ

8/22・23に市川市八幡市民会館で開催された「原爆の絵展」の様子です。

 

今年は新型コロナウイルス感染拡大のため、毎年行われていた、被爆体験を語る会・絵本の読み聞かせ・朗読の会は中止となっていて残念でした。

会場には、被爆者が原爆の記憶を描いた絵が、6つのテーマに分かれて展示されていました。

・助けを呼ぶ声

・水を求めて

・建物疎開中に

・先生と子ども

・母と子

・失われた未来

75年前の原爆投下で犠牲になったのは、何の罪もない一般市民や子どもたちです。

苦しみながら亡くなった方々、そして今も苦しんでおられる方々を思うと、戦争反対、核兵器廃絶を強く訴えていかなければいけないと、改めて思いました。