なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

編集チームブログ

キャベツとしらすのマリネ

初夏にさっぱり小鉢レシピです。小キャベツ1/4個は2~3cmの角切りにします。にんじん1/4本は千切り、しらす20gは解凍しておきます。有機オリーブオイル大さじ2、レモン汁大さじ2、はちみつ大さじ1、にんにく薄切り2枚、塩小さじ1/8を混ぜて調味液を作ります。ポリ袋にキャベツとにんじんと調味液を入れ揉み込みます。キャベツがしんなりしたらしらすとこしょう適量を入れ、和えたら完成です。

ガーリック風味がアクセントのマリネです。

にらと豚肉のあんかけごはん

さらさら食べられちゃうあんかけごはんです。豚小間切150gは食べやすい大きさにカットしておきます。玉ねぎ1/4個は薄切り、にら1/2束は4cmの長さにカットしておきます。水220ml、丸大豆醤油大さじ1.5、味の母大さじ1.5、片栗粉大さじ1、塩2つまみを混ぜて調味液を作っておきます。フライパンに玉絞りごま油小さじ2を熱し、豚肉と玉ねぎを炒め軽く塩こしょうを加え、豚肉の色が変わったらにらを加えてさらに炒めます。調味液を入れてとろみがつくまで加熱して完成です。

盛り付けたご飯にたっぷりとかけてどうぞ♫

ベーコンと玉ねぎのキッシュ風

ホットケーキミックスを使った簡単キッシュ風レシピです。
ベーコンスライス2枚は1cm幅にカットします。玉ねぎ1/4個は薄切りにしておきます。耐熱容器にホットケーキミックス100g、よつ葉牛乳80ml、卵1個を入れて混ぜ合わせて、粉っぽさがなくなったらベーコン、玉ねぎ、よつ葉シュレッドチーズ40gを加えてさらによく混ぜます。表面を平らにしトマトケチャップとマヨネーズをかけます。ふんわりとラップをかけ600wの電子レンジで4分30秒程度加熱します。(楊枝を挿して加熱具合の確認をおすすめします)

仕上がりカラフルで美味です。

こども食堂からべえ6/8

6月8日成田市加良部ショッピングセンター内 こども食堂からべえ開店日の様子です。
朝から気温が上がり、夏を思わせる日となりました。
ボランティアスタッフによる準備が始まります。

本日のメニュー



お昼ご飯の後は工作タイム

自作の弓?で的あてゲームをしました。盛り上がった~

この日は72名の訪問がありました。

蒸し鶏となすの旨味ソースがけ

シガポートリーセフティチキンとりムネ肉を旨味ソースで♫ とりムネ肉(大)1枚はフォークで数か所穴をあけ、耐熱容器に入れて、料理酒蔵の素大さじ2、塩・洗双糖各小さじ1/2、片栗粉小さじ1、根しょうが1片すりおろしを揉み込み20分程度おきます。
長ねぎ1/2本みじん切り、丸大豆醤油大さじ1、食酢大さじ1、洗双糖大さじ1、有機いりごま白大さじ1、玉絞りごま油大さじ1、オイスターソース小さじ1、ラー油小さじ1を混ぜてソースを作っておきます。
なす2本は縦半分にカットし、5mm程度の厚さの斜め切りにしておきます。
耐熱容器にふんわりとラップをかけ、600wの電子レンジで4分加熱します。一旦取出して裏返しし、その上になすを並べて再びラップをして2分加熱してそのまま5分おきます。
粗熱がとれたとり肉を食べやすい大きさにカットし、なすと一緒に皿に盛り付け、ソースをかけて完成です。

火を使わずにできるので、これからの季節におすすめです。

だだちゃ豆生産者:庄内協同ファーム

山形県鶴岡市、農家戸数24戸からなる「庄内協同ファーム」からだだちゃ豆圃場の画像が届きました。
毎年、美味しいだだちゃ豆を供給しています。

5/13 五十嵐さんの圃場です。後ろは鳥海山。早生白山」という品種を手作業で植えています。

5/14 佐藤さんの圃場です。定植機を使い「早生白山」を定植作業。

 

昨年の収穫前の様子です。庄内協同ファームの若手生産者グループ

庄内協同ファームでは生産者同士で各圃場を確認しながら意見交換を行い、豊作になることを願いながら日々作業に励んでいます。

 

 

摘果:大倉りんご園

5/31と6/1、長野県安曇野市の大倉りんご園でりんごの摘果作業のお手伝いをしました。

摘果とは…このようにひとつの株にたくさんの幼果がついているのを、

丈夫で形が良く軸の太いものを残して他を摘み取ります。

おいしいりんごの為に🍎 広大なりんご園…地道な作業です。

大倉さんと

息子さん

摘果作業はまだまだ続きます。

 

相双の会 会報85号

原発事故被害者「相双の会」会報85号が届きましたので、転載します。

5 月 13 日に超党派の国会議員による 除染土再利用にかかわる各界からの意見聴取会が、衆院会館で開催された。
以下は、飯舘村長泥で進められる除染土の再利用計画に関する意見です。

私は原発事故直後より飯舘村を中心に定期的に放射能汚染調査を行っている。
除染に伴って仮仮置き場に大量に積み上がっていくフレコンバッグについては、いずれ中間貯蔵施設に運び込まれると聞いていた。
ところが、昨年初め「再利用」という名の下に、長泥地区の田畑の盛土材として用いる計画を知り驚いた。
そもそも福島第 1 原発事故による周辺地域の汚染物は、原子炉等規制法に基づく「核燃料によって汚染された物」に該当し、その処理・処分については、汚染発生者である東京電力に責任がある。
汚染の規模が広大・甚大であるため、政府が関与せざるを得ないのは理解できるが、除去土壌を田畑に埋め込んでしまうのは当初の約束違反である。
フレコンバッグは、福島第 2 原発も含め、まず東電が所有する敷地内にて処分すべきであり、それがかなわなければ中間貯蔵施設で保管すべきものである。

中間貯蔵施設ができたとき、「30 年以内に福島県外で最終処分を完了する」と定められていることを知り、私は仰天した。
福島県外の最終処分地が 30 年で見つかるとは思えない。
また「40 年で廃炉」というロードマップも「うまくすれば 40 年でデブリを取り出せる」という希望的なものであり、仮にデブリが取り出せたとしても、壊れた原発が更地になっているようなことはあり得ない。
福島第 1 原発、第 2 原発、その他東電所有地を最終処分場とし、廃炉問題、汚染水問題を合わせて、100 年、200 年先を見込んだ総合的なロードマップが必要である。

 

5.20 避難者訴訟・仙台高裁でのMさんの訴え

Qは原告側弁護士の尋問

母は平成 29年8月7日に肺癌で亡くなる 1 週間前に『原発事故で放射能を浴びたの が原因かね』と言っていた。
私は「そんな 事ないよ」と言いました。

Q それは何か根拠があったのですか。
A 何の根拠もありません。
事故後の避難者にとって、放射能というのは背中に貼り付いたように恐ろしい言葉なのです。
だから、そんな恐ろしいものが母に貼り付いたとは、私自身も思いたくなかった。
しかし 医学的には分かりませんが、肺がんは原発事故が原因かなという気持ちは拭え切れません。

安全神話にだまされた

Q 御両親は浪江に帰るつもりでしたか。
A 特に父は浪江への帰還を望んでいました。
壊れていく家、荒れていく庭などを見るのがつらいと言って一時帰宅はしませんでした。
墓参り、必要な荷物を取りに行く時だけでした。
母の癌の発症により、両親は浪江の帰還をあきらめました。
父は殆ど歩く意欲がない状況です。
今では話しかけても反応が極めて鈍いです。
母を亡くして がっくりきたと思います。

Q 御両親とも放射能汚染をおそれたという事ですか。
A 両親も私と同じように、国・東電の宣 伝等で原発は放射能漏れなど起こさないと信じ込んでいました。
これが嘘だと分かって、何も信じられなくなりました。
除染したから帰還しても安全だとか、廃炉作業は安全にやるから大丈夫だ、とか言われても信じられない。

Q あなたは福島第一原発を見学したことがありますか。
A 福島第一原発の近くの展望台は見晴らしがよく花もきれいで、よく子供をつれて 行ってました。
私の高校卒業後の就職先は 第一原発の敷地内原発関連職場でした。

Q 両親は原発で働く事を心配しなかったですか。
A 心配は全くしませんでした。
主人も第 一原発内の職場でした。
結婚について両親も危険な仕事をする人という心配はせず、 いい人を見つけた、原発の人ならマチガイない。
原発の職場はなくならないと喜んでました。

Q 妹さんは関東方面に嫁がれましたが、 原発の事について話をしたことはありますか。
A はい。両親宅に来た時に、妹の夫が「こ んなに原発に近い所に居て恐くないですか」 と聞いていました。
後で両親と私は「遠くに居て原発の事を知らない人にとっては原発は恐いものなんだ」と話しました。
2000 年には東電の「原子力モニター」をしました。
東電が、大熊町と双葉町の女性を 20 人くらい集めて原発関連の施設を見学したり、原発の仕組みや安全性について勉強しました。
2か月に一回施設にいく。
六ケ所 村再処理工場と、浅草の東電関連施設にも いった。
参加費用は一切かからず日当 5000 円がもらえる。
昼食に豪華なお重のようなお弁当が出た。
やっぱり原発は絶対安全な のだと思いました。

Q そうしたイメージを周りの人に話したことはありますか。
A お茶のみの時などによくモニターの話をしていたので、私の原発への信頼感が周囲や家族にも伝わっていたと思う。

安全神話の崩壊

Q 原発に対して強い信頼感を持っていた あなたは、事故が起きたときどう思いましたか。
A 3 月 12 日朝 6 時 30 分に町の防災無線が放送で「原発事故なので山へ避難して」 と言ったときも、訓練としか思わなかった。
13 日、14 日位までは原発だけは大丈夫だろうと思い込んでいた。
それが爆発したのをテレビでみて信頼が一気に崩壊しました。
全部嘘だったのだと思い何も信じられなくなった。
漏れるはずがないといわれた放射能が放出されたとわかり、強烈に怖くなりました。

Q 恐怖が原因でいまだに気を付けていることはありますか。
A いまだに車のガソリンの量を半分以下にするのが怖い。
ガソリンが無くなって、放射能から逃れられなくなる恐怖を震災の時に味わったから。

子どもたちについて

Q ご長男が 2011 年春に東京電力に就職したが、7 月に福島第一原発への転勤を命 じられ、会社を辞めざるを得なかったので すね。
A 第一希望の就職先だった。
正社員で春に入社して火力発電所に配属されたが、4 か月で事故があり人手が足りないため福島第一に行ってくれと言われた。
転勤は断れなかった。
私は反対しました。
まだ 18 歳でした。
第一原発は線量がとても高く、若者にどんな悪影響が出るかわからない現場で作業をさせることは考えられなかった。
いくら安全性に配慮しているといわれても、国や東電のいう「安全」は全然信用できません。
亡くなった母は、他所でアルバイトになったとしても福島第一には行かせないでと言っていました。

Q ご長男はどういう反応でしたか。
A せっかく第一希望に正社員として採用 されたので、最初は「なんで俺がやめなきゃいけないんだ」と言っていたが結局説得に応じました。
長男自身も放射能に対する恐怖を持っていたのだと思う。
すぐに他の仕事を見つけたが、最初の会社は倒産してしまった。
今は建設会社で契約社員の仕事をしています。

Q 長女のHさんについては?
A 母が「Hが結婚する時に、『大熊に居た人だ』などといわれなければいいね」と話していました。
母の友人の縁談が「親が長崎の被爆者だ」という理由で破談になった事があったそうです。
「大熊に居た」という事で破談になるような事はさせたくない、 と言っていました。

Q 娘さんを大熊に連れて行った時、第一声は何でした。
A 大熊の自宅で車を降りた時の第一声が 「ここで息していいの?」でした。

Q あなたとお母さんの状況を一言でいうとどうなりますか。
A 「みじめ」。
祖母が昔からよく「なんでも自分がちゃんとしてれば、ちゃんとなるから大丈夫」と言っており、私もそれを信じて、生きてきたが、今回の事故で、いくら自分がちゃんとしてもどうにもならない ことがあるのだと思い知らされた。
「みじめ」 という言葉が、生涯ではじめて我がこととして感じさせられました。
母も、「家があるのに家に住めない。
全部なくなってしまった。
孫に怖い思いをさせてしまった・・・戦争中でもないのにね。
みじめだね」と言っていました。

 

経団連の『日本を支える電力システムを再構築する』批判(上)

経団連は提言『日本を支える電力システムを再構築する』をとりまとめ、中西宏明会長が記者会見した。

会長は「電力を巡る危機感が政府・経済界・学術界をはじめ、広く国民にも共有され、電力の全体像について国民的議論が展開していくことへの期待」を強く訴えた。
「現在、日本の電力は4つの危機に直面している。
国際的に地球温暖化問題への関心が高まるなか、東日本大震災以降、
1火力発電依存度は8割を超え、その打開策となる
2再生可能エネルギーの拡大も、
3安全性が確認された原子力発電所の再稼働も、困難な状況。
結果として…
4国際的に遜色ない電気料金水準も実現できていない。
一方で、電気事業者は投資回収の見通しを立てにくくなり、電力インフラへの投資を抑制している。
こうした危機を放置すれば、化石燃料依存から脱却できないばかりか、電力供給の質の低下や電気料金の高騰につながりかねず、地球温暖化対策や産業競争力強化に逆行する。
Society5.0(情報化社会に続く未来社会の姿 )実現の重要な基盤である電力に対して投資を活性化すべく、環境整備を進める必要がある。」

「原子力発電については、地球温暖化対策の観点からも安全性確保と国民理解を大前提に、既設発電所の再稼働やリプレース(取り替え入れ替える)・新増設を真剣に推進することが不可欠である。」

さらに会長は記者会見の中で「化石燃料が永遠に使い続けられるものでないことは明らかであり、再生可能エネルギーや原子力など、化石燃料以外のエネルギーの選択肢を確保することが重要」と強調。
「原子力については、政府、電力会社、設備メーカーなど関係者が一体となって、社会的信頼を醸成していく必要がある」とした。
「また、日本の電力が直面している課題を放置すれば、昨年9月の北海道でのブラックアウト(大規模停電)のような事態が全国で起こる可能性も排除できないとしたうえで、あれほどの事象を経験したなかでも電力に対する危機感が日本全体で共有されていないことに懸念を表明。
広く危機感の共有を図り、解決に向けた議論を行っていきたい」とした。(以下続く)
原 野人

PDFはこちらから>>

ご意見のお願い是非ご投稿をいただき
「声」として会報に
載せたいと考えています。
匿名でもけっこうです。
◇電話 090(2364)3613
◇メール(國分)kokubunpisu@gmail.com

泊原発

5月29日 北海道電力泊原子力発電所(北海道泊村)を視察しました。
原発立地地は皆同様に公共施設がゴージャスです。

泊原発は、再稼働に向けた安全審査が5年過ぎても終わっていません。

津波対策も不十分、避難計画も実効的ではありません。
そして、一番問題となっているのが敷地内の断層であり、原子力規制委員会も地震発生源となる活断層の可能性を「否定できない」と指摘しています。
山に囲まれた原発は泊村側からは見えません。

その危険な原発から4㎞対岸に12,000人が住む岩内町があります。

町議会議員の佐藤英行さんに案内してもらい、高台へ向かいました。

展望台から原発を臨むとその近さに驚くとともに、絶対に再稼働させてはいけない原発であることを確信しました。

[同じ町内にある石碑]


大間原発訴訟:札幌高裁

電源開発が青森県大間町に建設中の大間原発の建設差し止めを求めた訴訟の控訴審第2回口頭弁論が5月28日、札幌高裁でありました。
[事前集会の様子]

[札幌高裁前]

この日は2人の意見陳述が行われました。

釧路市在住の大学講師の井上さんは、福島の農林漁業が未だに回復していないことや大間原発で事故があった場合に北海道に与える影響について具体的数字を示し、「世界に例のないフルMOX、炉内には6.5㌧ものプルトニウムが装荷される日本最大の出力の原子炉を、原発を扱う技術の蓄積がほとんどない電源開発が運転する。
なぜ、北海道の人間がそのようなリスクにおびえながら生活しなければならないのか。司法に力で理不尽な国や電源開発の動きを止めて欲しい」と陳述しました。

続いて、なのはな生協組合員の菅野さんが陳述しました。
菅野さんは、陳述の冒頭で「函館は、両親、祖父母が住んでいた町であり、親しい友人が暮らしていて、自分の故郷と言うべき土地だ。原発は非常に危険なものであると思っていた」と、原告に加わった理由について述べました。
その後、「野菜や魚の出荷停止、出荷自粛、水道水の汚染が生じた。各地にホットスポットができ、ごみ焼却所の焼却灰からは基準を超える放射性セシウムが検出され、今も県内9市で保管されている。周囲には避難したり、移住した友人もいる等々、福島第1原発事故は200㎞以上離れた自分が住む千葉県にも大きな影響を及ぼした」と具体的に言及しました。

福島の現状について、「福島では子どもの甲状腺がんは、確定が179人、疑いが223人もおり、通常では100万人に2~3人と言われている」とその異常さを指摘。
避難した人は、「家族が離散し、避難先を転々とし、体調不良や持病の悪化、収入減、子どもたちはいじめら不登校になる」など苦難の生活を強いられている。それにもかかわらず、「国と東電に対する責任と損害賠償を求めた裁判では、国も東電も全く誠意のない態度を取っている」と批判しました。

その上で、「原発は、いのちの問題であり、良心、倫理の問題だ。大間原発の進捗率は37%であり、今引き返せば後世に膨大な放射性廃棄物を残さずに済む。電力は足りており、膨大な費用をつぎ込んで大間原発を建設しなければならない理由は何ひとつない」と訴えました。
最後に、「高裁は、地裁で判断されなかった争点について十分に検討されることを願っている。住民が安心できる暮らしを裁判所が守ってくれることを信じている」と結びましだ。

[「大間原発訴訟の会」代表竹田氏]

[報告会の様子]

次回期日は、9月5日(木)14時から。