なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

~有機バナナ編~

なのはな隊が行く!~有機バナナ編~

有機バナナ”ナチュラルヒーロー”は、バナナ栽培に最適な環境で育てられた、食味と安全性にこだわったバナナです。

ナチュラルヒーローは、「有機バナナの3条件」を満たしています。実がつまっていて、もっちりとした食感で味に深みがあります。

有機バナナの3条件って?

①産地の農園が有機JAS認証を取得していること

エクアドルやペルーの契約農園で、有機堆肥を使い、除草剤を使わずに除草作業をするなどして栽培しています。アンデス山脈の堆積物によりできた、バナナ栽培に適した土壌のため、化学肥料を使う必要がありません。米国のUSDA、EUの有機認証も取得しています。

②輸入時の植物検疫で害虫が発見されず、燻蒸処理をしていないこと

輸入の検疫時にカイガラ虫などが見つかった場合、青酸ガス(液体の青酸を気化させたもの)で燻蒸処理をします。バナナの袋に穴が開いているのは、追熟のためのエチレンガス(※)だけでなく、燻蒸処理の青酸ガスをまんべんなく行き渡らせるためでもあります。青酸ガスは大変危険なため、燻蒸作業には十分な注意が必要です。大手メーカーでは、コストを抑えるために現地で小分け・袋詰めし、袋ごと燻蒸処理をすることもあります。

③有機JASの小分け認定を取得している工場で加工していること

マニュアルに基づいて、小分け・袋詰めなどの作業をしています。

 

Q.燻蒸されたバナナは?

A.なのはな生協では、燻蒸した場合は供給しません。日本に輸入されているバナナのうち、有機バナナの割合は1%足らずです。燻蒸してしまうと、栽培工程で有機JAS認証をとっていても「有機バナナ」の表示はできません。

 

Q.バナナを上手に保存するにはどうしたらいいの?

A.夏は袋から出して新聞紙に包んで野菜室に入れる、冬は居間のような暖かいところに置く、が良いです。
アーチ型(軸と先端を下向き)に置いたり、ひもやバナナハンガーなどでつるしたりするといたみにくいです。
袋に入れたままにすると、バナナ自身が出すエチレンガスで熟成が進んでしまいます。
バナナの保存に適した温度は13~20℃くらいなので、それより低い温度では熟成が止まったり低温障害を起こしたりするので注意が必要です。

 

豆知識<エチレンガス>

エチレンは本来植物自体が作り出す物質で、果実の成熟や追熟を促進させる働きをします。
バナナは青々としたまま輸入され、熟成室でエチレンガスを投入して熟成させてから出荷します。
かたいキウイをりんごと一緒に袋に入れておくとやわらかくなるのは、りんごの出すエチレンガスの働きです。

 

輸入元の㈱ヒロインターナショナルの売り上げの一部は、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンを通して、世界中の子どもたちのために役立てられています。

 

■セーブ・ザ・チルドレンについて

国連公認の子どもたちのための民間の国際援助団体(NGO)です。
1919年にイギリスで創設され、現在120ヶ国以上で子どもたちのための教育支援、食糧支援、医療保健などの活動を行っています。

 

>>なのはな隊トップへもどる