なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

イベント情報

社会的養護のこどものくらしと自立を考えるシンポジウム

なのはな生協

 

社会的養護下に暮らす子たちの自立への支援は、その必要性の認識は高まりつつあり、民間を中心とした支援も少しずつではありますが整備されようとしています。しかしほとんど後ろ盾のない子たちの自立には困難がついて回ります。いったんは挫折しても再チャレンジしたい、そんな子たちにも寄り添っていきたいと、ちばこどもおうえんだんが「こども・若者未来基金」を設立し、県内の3つの生協(パルシステム千葉・なのはな生協・生活クラブ)がそこに参画しています。

多くの方に、社会的養護のこどもを取り巻く環境や自立の困難さ、そして「こども・若者未来基金」について知っていただくために、2回のシンポジウムを開催します。

 

第1回

日時:10月10日(火)10:00~11:30
場所:船橋勤労市民センター ホール

講師:放送大学副学長
宮本みち子(みやもと みちこ)さん
(ちばこどもおうえんだん自立支援基金運営委員会座長)

放送大学副学長。千葉大学教育学部教授を経て現職、社会学博士。

中央教育審議会委員、社会保障審議会委員、子ども・若者育成支援推進点検・評価会議座長、子どもの貧困対策に関する検討会座長などを歴任。主な著書に、『若者が無縁化する』(筑摩書房)『若者が社会的弱者に転落する』(洋泉社)ほか多数。

 

 

 

第2回

日時:10月27日(金)10:00~11:30
場所:アミュゼ柏

講師:児童自立援助ホーム南柏ホーム長
佐藤 陽一(さとう よういち)さん

小中学校の情緒障害児学級・定時制高校・児童相談所一時保護所等を経て、現在、自立援助ホーム南柏・ホーム長。

 

◆参加費:無料

◆託児はありませんが、お子様もご一緒に!

◆締め切り:10/10開催分⇒9月22日(金) 10/27開催分⇒10月13日(金)

◆主催:生活協同組合パルシステム千葉・なのはな生活協同組合・生活クラブ活協同組合

特定非営利活動法人ちばこどもおうえんだん(自立支援基金運営委員会)

 

特定非営利活動法人ちばこどもおうえんだんについて

(NPO法人)ちばこどもおうえんだんは、「千葉県内に暮らす辛い思いをしている子どもたちのことを何とかしたい!」と、2015年4月に①社会的養護の必要な子どもの自立支援、②貧困家庭・要支援家庭の子どもの支援事業、③里親家庭の支援事業、④啓発・広報事業及び政策提案、⑤調査研究・情報収集事業を目的に設立しました。

同年7月より千葉市里親制度推進事業を受託し、千葉県内4生協(生活協同組合コープみらい・生活協同組合パルシステムちば・なのはな生活協同組合・生活クラブ生活協同組合)や労働福祉団体(一般社団法人千葉県労働者福祉協議会)が参画し事業をすすめています。

また、このたび設立した「こども・若者未来基金」は、生活協同組合パルシステムちば・なのはな生活協同組合・生活クラブ生活協同組合の参加のもと企画運営されています。

 

お問い合わせ:なのはな生協
☎0120-910-871携帯からは☎043-216-7087

 

 

 

 

 

ワクワク収穫体験2017

なのはな生協

35家族限定 大栄みみずの会の畑で!

 

爽やかな風が吹き抜ける中、自然と触れ合いながらの収穫体験。
野菜BOXでお馴染みの大栄みみずの会の畑で、収穫の秋を満喫しましょう。
当日は、さつま芋(一人2株)、里芋(一家族2株)、落花生(一家族4株)などの野菜が収穫できます。
ご家族での参加をお待ちしています。

日 時:2017年10月14日(土)10:30~15:00(雨天決行)
受付9:30~

会 場:みみずの会の畑
住所:千葉県成田市官林440周辺(東関東自動車道大栄ICから約3km)

参加方法:自家用車 駐車場10時集合
※駐車場から会場まで30分程度歩きます

参加費
大人…中学生以上800円
小人…3歳~小学生500円
幼児…3歳未満無料

持ち物:昼食・レジャーシート・軍手
収穫用の袋・食器類など(豚汁を用意します)

締 切:10月6日(金)まで

 

☆当日キャンセルの場合は返金いたしませんので、予めご了承ください。
なお、参加費は商品代金と一緒に請求させていただきます。

※申し込みされた方には、後日、詳細をお届けします。
※問い合わせ:0120-910-871または043-216-7087(担当:わくい・いとう)

-お申し込みはこちらから-

お名前(必須)

組合員番号(必須)

メールアドレス(必須)

当日のご連絡先 (必須)

ご参加大人人数(中学生以上)

ご参加小人人数(3才~小学生)

ご参加小人人数(3才未満)

同行者のお名前、(お子様の場合は年齢も)等、連絡事項記入欄

内容をご確認の上チェックを入れてください


※ご記入いただいた個人情報は、お申込みのイベントに関連した連絡にのみ使用いたします。

 

搾乳体験2017

なのはな生協

 

恵まれた自然環境の中で飼育されている牛へのエサやり、仔牛への哺乳など、牛とのふれあいに加え、八千代牛乳の美味しさの秘密や市販品との違いなども教えて頂きます。
美味しい牛乳を使って、簡単にできるバターやミルクくず餅を一緒に作ってみましょう。
組合員の皆様のご参加をお待ちしております。

 

日 時:10月7日(土)10:30~14:30 雨天決行

受付10時~ (時間厳守でお願いします)

場 所藤崎牧場(現地集合)住所:成田市前林1156

参加費:ひとり 500円(保険費用込み)小学生以上
(商品代金と一緒に引き落としします)

持ち物:昼食・長靴・軍手・エプロン・布巾・三角巾・白いタオル (新品)(雨天の場合、雨具持参)

定 員:40名(申込み多数の場合は抽選とし、連絡のない場合はご参加ください)

締 切:9月22日(金) 参加者には後日ご案内をお届けします。

問合わせ:☎0120-910-871 携帯からは☎043-216-7087 (いとう)

 

【必ずお読みください】
畜伝染病予防(口蹄疫の感染予防)のため、訪問日から2週間前に海外へ渡航された方の応募はご遠慮下さい。
また個人情報は、千葉北部酪農農業協同組合にて管理し、1年間の保管後、破棄いたします。
なお、酪農体験を行うので汚れても良い服装・靴でお願いします。

 

✿タオルを集めています✿
搾乳時、牛の乳房をきれいに拭くためにタオルを沢山使います。
ご家庭内に不要の白いタオル(新品)がありましたら、配送時にお出しください。
搾乳体験の時に藤崎牧場にプレゼントします。
ご協力をお願いします。

国産原料にこだわる「丸和食品」見学会

なのはな生協

豆腐・油揚げ・がんもどきなどのものづくりで、国産大豆及び国産野菜の使用を継続し、日本の国産農産物を支える方針を貫いている丸和食品。
日本の国産農産物を支える和を少しでも大きく、太くしていくために頑張り、妥協のない「食べ物の安全」を徹底追及している現場を訪ねます。

◆日 時◆ 9月27日(水)10:00~12:00 雨天決行

◆集合場所◆ 京成成田駅東口 ロータリー 午前9:30
※現地集合も可能です。 午前9:50着でお願いします。

◆見学先◆ 丸和食品(株)成田工場 千葉県成田市伊能215

◆参加費◆ 無料

◆定 員◆ 15名(お子様連れは、ご遠慮ください)

◆持ち物◆ 筆記用具

◆締め切り◆ 9月13日(水)
(申し込みされた方には後日、案内をお届け致します。)
(多数の場合は抽選とし、連絡の無い場合はそのままご参加ください。)

スケジュール
10:00~ ・工場見学
10:30~ ・会社案内・丸和食品のこだわり
11:30~ ・試食
11:50~ ・質疑応答
12:00 ・終了

 

ともに生きる未来を!さようなら原発 さようなら戦争全国集会

なのはな生協

一緒にに行動してみませんか?

 

2017918日(月)敬老の日

集合場所:渋谷公会堂前

集合時間:13:15

なのはな生協ののぼりが目印です
(15:00~のデモ行進からの参加も可)

プログラム
会 場:代々木公園B地区
11:30 出店ブース開店
12:30~13:30 ミニステージ 憲法・沖縄・原発のリレートーク
12:30 開会 野外ステージ さようなら原発ライブ
13:30 発言
15:00 デモ出発

 

問い合わせ:なのはな生協(涌井(わくい))
☎0120-910-871 携帯からは ☎043-216-7087

 

 

稲刈り体験ツアー2017

なのはな生協

いよいよ収穫の秋も目前。
5月の田植えから4ヶ月、丹精込めて育てられた稲も黄金色に色づき、収穫の時を待っています。
お米の生産者との交流に加え、稲刈りや『おだがけ』など貴重な体験ができるよい機会です。
組合員の皆様のご参加をお待ちしています。

 

日  時:2017年9月16日(土)10時30分~14時頃

受付開始:10時(小雨決行)

場  所:こうざき自然塾の田んぼ
(千葉県香取郡神崎神宿1034付近)

集合場所:こうざき天の川公園内(圏央道神崎インタ-から5分)

参 加 費:大人1,000円(中学生以上) 小人500円(4才以上)
(当日キャンセルの場合は、払い戻し致しません)

持 ち 物: 飲み物、レジャーシート、着替え、食器類

昼 食 付:カレーライス、餅、漬物等

締  切:9月8日(金)

稲刈り当日までに予約登録米を申し込みいただければ、参加費は無料になります。
電車で参加の方は、JR下総神崎駅~会場間を送迎いたします。
参加を申込まれた方に、後日詳しい資料をお届け致します。

問い合わせ先  ☎0120-910-871または☎043-216-7087 (担当・涌井)

 

ヘナの講習&実演会

なのはな生協

 

昨年好評だったヘナの講習会を今年も開催いたします。
なのはな生協では、安全なカラーリング剤として植物成分100%のヘナを推奨しています。
今回も、商品の開発者である中澤氏に、ヘナについての解説と実演をしていただきます。
一昨年、消費者庁はヘアカラーリング剤が原因のアレルギーの注意喚起をしました。
化学染料を使用している市販品による皮膚障害で、日常生活に支障をきたす人もいます。
この機会に“グリーンノートのヘナ” のこだわりと安全性を実感してください。

 

開催日・会場 申込み締切
9月19日(火)

千葉市生涯学習センター 工芸研修室

9月8日(金)
9月26日(火)

江戸川区 ライオンズマンション親水公園 集会室

9月15日(金)

時間はいずれも9時30分~12時30分(受付:9時20分~)

【講師】
中澤 由紀子氏<㈱グリ-ンノ-ト代表取締役>

【内容】
* ヘナで綺麗に染めるコツ
* 化学染毛剤の害と良いヘナの選び方
* 上手な色の選び方・白髪の状態による染まり方の違いについて 他

【保育】
お子さん1人につき200円

【定員】
20名(定員を超えた場合は抽選とします。
抽選にもれた方にのみ一週間前までにご連絡します)

【申込み・問合せ】
☎043-216-7087 または ☎0120-910-871
Mail:event@nanohana-coop.or.jp
担当 つみた

原発損害賠償請求千葉訴訟判決前集会

なのはな生協

なのはな生協ではこの裁判に注目し、福島原発事故を風化させないため、福島の現状を知り支援するために傍聴を続けて参りました。
9月22日にいよいよ判決が言い渡されます。
判決前決起集会のお知らせです。

原発損害賠償請求千葉訴訟

9月22日千葉判決!みんなの力で勝利判決を勝ち取ろう!

そもそも・・・
原発損害賠償請求千葉訴訟って?

– はじめに

2011年3月11日、福島第一原発での大量の放射性物質放出事故により、福島県内外に16万人以上の方が避難を余儀なくされました。
被害者の方は、突然住み慣れたふるさとから着の身着のまま引きはがされ、見知らぬ土地で現在まで8万人近くが避難生活を強いられています。
避難により、福島での自然豊かな暮らしも、地域での築き上げた人間関係も、仕事も、丸ごと失いました。
家族がちりちりになり未だに夫婦や親子別々で暮らしている方も多くいます。
この原発を運転していた東京電力や原発を規制し管理監督する立場の国は、今回の事故は想定外の津波によるものとして,その責任をー切否定し、事故により生じたこれらの被害に誠実に向き合おうとしていません。
被害の賠償は、国が作り上げた基準により低額に抑えられ、被害の回復は6年経った現在もきわめて不十分なままです。

 

– 北海道から福岡まで全国で1万2000人以上の被害者(避難者や滞在者)が原告に!

このような現状に対して、全国の避難者や福島県に滞在している方が原告となって、国と東京電力を被告として、事故の責任と完全な被害の賠償を求めて、裁判を起こしました。
現在、北海道から福岡まで、約20の裁判所で、1万2000人以上の被害者が、原告となって裁判を続けています。
千葉県では、18世帯47人の方が原告となって、事故から2年後の2013年3月11日千葉地裁に裁判を起こしました。
千葉訴訟では特に、福島の住み慣れたふるさとを失ったことの賠償をふるさと喪失慰謝料として求めていることが特徴です。

 

– 千葉地裁判決は、全国で2番目の判決!

裁判の期日は24回を数え、今年の1月31日に結審し、9月22日に判決を迎えます。
千葉は、3月17日の前橋地裁 (判決の内容は、国も東電と同じ責任を認める画期的なものでした!)に続いて全国で2番目の判決となり、今後の全国の裁判への大きな流れをつくる重要な位置づけをもっています。
国の責任を認め、国が一方的に決めた賠償基準を超える判決により、国の政策を動かし、原告以外のすべての被害者を救済する道筋を作ることができます。

 

3.11福島第一原発事故の責任を、国と東京電力に求めている裁判です

原発損害賠償請求千葉訴訟
判決前決起集会
~歴史に耐えうる司法判決を求めて~

2011年3月11日に起きた福島第一原発事故から6年が経過しました。
事故による被害はいまだに続いています。
事故から2年後、福島県から千葉県等へ避難した私たち原告は東京電力と国に対し、原発事故による損害賠償を求める裁判を提起しました。
この裁判の判決期日が、2017年9月22日 (金)午後2時、千葉地方裁判所にて行われます。
同様の裁判において、去る3月17日、前橋地方裁判所が、国の責任を認める判決を言渡しました。
全国各地で原発事故の責任を問う裁判が提起されていますが、千葉の裁判は、全国で2番目の判決です。
千葉の裁判でも、何としても国の責任を認めさせ、原告勝訴判決を勝ち取らなければなりません。

本決起集会では、作家の落合恵子氏、弁護士の井戸謙ー氏をお招きし、以下の講演を行っていただきます。
また、私たち原告も、判決を目前とした現在の心境を訴えます。
この他にも、原発事故の責任を問う裁判を提起した全国各地の原告や弁護団より、支援のメッセージを頂きます。
弁護団より、千葉の裁判の概要も説明いたします。

 

【講 演】

「生きる……つながることと抗うことと」

落合 惠子 氏
・作家、クレヨンハウス主宰

 

 

「原発被害救済と司法の役割」

井戸 謙一 氏
・弁護士
・元裁判官
・福井原発訴訟(滋賀)弁護団長

 

「私たち千葉県原発訴訟原告による訴え」

【会 場】

千葉県弁護士会3階講堂

〒260-0013千葉県千葉市中央区中央4丁目13-9

主催・お問い合わせ先
千葉県原発訴訟原告と家族の会・原発被害救済千葉県弁護団・千葉県原発訴訟の原告と家族を支援する会
〒260-0013千葉市中央区中央3-4-8コーノスビル5階藤井・滝沢線合法律事務所内 TEL:043-222-1831

 

PDFはこちらから>>

 

子どもたちに平和な未来を2017

なのはな生協

8月21日(月)
10:00~12:30(開場・受付9:30~)

参加費無料

場所:コープみらい千葉県本部 コーププラザ千葉
募集:100名
小学4年生以上の小・中・高生

※小学生の参加は、必ず保護者同伴でお願いします。
※託児はありませんが、小学3年生以下のお子さんと保護者が利用できるフリールームを設けます。

プログラム
①紙芝居:「ちゃあちゃん ぽんぽん いたいよ」ほか
②被爆体験を語る:腹話術を使って人形の「あっちゃん」と伝えます
③グループ交流

*申し込み締切日:8月19日(金)
*申し込み:申込書、TEL、メールにて、なのはな生協宛(担当 涌井(わくい))
0120-910-871携帯からは043-216-7087
メール:event@nanohana-coop.or.jp

*主催・内容の問い合わせ*
千葉県生活協同組合連合会 043-224-7753
「子どもたちに平和な未来を2017」実行委員会

協力団体:千葉県原爆被爆者友愛会、千葉県ユニセフ協会、日本赤十字社千葉県支部、NPO法人ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会

申込書(PDF)はこちらから>>

 

上映会「標的の島 風かたか」

なのはな生協協賛の上映会情報です。

第2回 成田平和映画祭

三上智恵監督 最新作

標的の島 風(かじ)かたか

上映日:2017年7月30日(日)

会 場:もりんぴあこうづ もりもりホール

時 間
午前の部 9:10開場 9:30上映
午後の部 13:00開場 13:30上映
(どちらの回もスペシャルゲスト・三上智恵監督のトークあり)

参加費:1000円(高校生以下無料)

お申し込み・お問合せ:なのはな生協 担当・涌井
☎0120-910-871 携帯からは ☎043-216-7087

主 催:成田平和映画祭実行委員会
協 賛:辺野古へカヌーを贈る会/なのはな生活協同組合/農民平和会議/小泉循環農場/おかげさま農場/戦争はいらないネットワーク成田/おーけー自然農園/十四農園/三里塚物産/生産者連合デコポン