なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

イベント情報

社会的養護のこどものくらしと自立を考えるシンポジウム2019

なのはな生協


社会的養護下に暮らす子たちの自立への支援は、その必要性の認識は高まりつつあり、民間を中心とした支援も少しずつではありますが整備されようとしています。しかしほとんど後ろ盾のない子たちの自立には困難がついて回ります。いったんは挫折しても再チャレンジしたい、そんな子たちにも寄り添っていきたいと、2016年度ちばこどもおうえんだんが「こども・若者未来基金」を設立し、県内の3つの生協(パルシステム千葉・なのはな生協・生活クラブ)がそこに参画しています。

多くの方に、社会的養護のこどもを取り巻く環境や自立の困難さ、そして「こども・若者未来基金」について知っていただくためにシンポジウムを開催します。

 

第1回

日時:10月5日(土)13:30~15:30(13:15開場)
場所:千葉商工会議所ホール(▶地図)
「私が歩んできた道」
【登壇者】
元茨城県高萩市長・東北福祉大学特任教授
講師:草間 吉夫さん

 

第2回

日時:10月31日(木)10:00~11:30(9:30開場)
場所:スカイルーム柏(▶地図)
「子どもたちに寄り添って」
【登壇者】
自立援助ホーム南柏  山田 久美子さん
児童養護施設望みの門かずさの里 鈴木 博貴さん

 

登壇者プロフィール

【草間 吉夫さん】
1966年茨城県生まれ。生後3日から高校まで児童福祉施設で育つ。
東北福祉大学大学院後期博士課程修了。
児童養護施設に5年間勤務後に松下政経塾入塾。
児童福祉を研究。48ヶ国訪問。東北福祉大学教員を経て、2006年3月から14年3月まで高萩市長歴任。
公約実現のため3期目出馬せず。
妻・2女1男の5人家族。
PHP研究所コンサルティングフェロー,タイガーマスク基金顧問。
内閣府・厚労省・仙台市・石岡市・富谷市の審議委員,地元私立高校後援会長,社会福祉法人同仁会など。
主著に「高萩市長草間吉夫の1500日」,「ひとりぼっちの私が市長になった!」など。

【山田 久美子さん】
2011年児童自立援助ホーム南柏開設、現在に至る
1990年「障害があっても地域の普通学級へ」という市民活動に参加。
現在も継続して活動する傍ら、千葉こどもサポートネット、子ども食堂「ぶるーむくらぶ」等、子どもの支援にも関わっている。

【鈴木 博貴さん】
児童養護施設 望みの門かずさの里 心理支援係長
2009年、社会福祉法人ミッドナイトミッションのぞみ会 入職 2010年より児童養護施設 望みの門かずさの里 児童指導員(心理)として勤務
公認心理師、臨床心理士

 

◆参加費:無料

◆託児はありませんが、お子様もご一緒に!

◆締め切り:開催日の1週間前

◆主催:生活協同組合パルシステム千葉・なのはな生活協同組合・生活クラブ生活協同組合

特定非営利活動法人ちばこどもおうえんだん(こども・若者未来基金運営委員会)

お問い合わせ:なのはな生協
☎0120-910-871携帯からは☎043-216-7087

お申し込みはこちらから

お名前(必須)

組合員番号(必須)

メールアドレス(必須)

当日のご連絡先 (必須)

会場 (必須)

ご参加人数

同行者のお名前 等、連絡事項記入欄

内容をご確認の上チェックを入れてください


※お申込みに際しご提供いただきました個人情報は、当活動の案内にのみ使用いたします。
 

特定非営利活動法人ちばこどもおうえんだんについて

(NPO法人)ちばこどもおうえんだんは、「千葉県内に暮らす辛い思いをしている子どもたちをおうえんしたい!」と、2015年4月に設立しました。①社会的養護の必要な子どもの自立支援 ②貧困家庭・要支援家庭の子どもの支援 ③里親家庭の支援 ④啓発・広報事業及び政策提案 ⑤調査研究・情報収集を目的に活動しています。

「こども・若者未来基金」は、基金の趣旨に賛同した生活協同組合パルシステム千葉・なのはな生活協同組合・生活クラブ生活協同組合等の参加のもとに運営されています。

 

報告:いのちをつなごう フードドライブ2019キックオフイベント

なのはな生協

報告:いのちをつなごう フードドライブ2019キックオフイベント

 

9月6日に、JR本千葉駅近くのホテルプラザ菜の花で、
フードバンクちば と 千葉県内生活協同組合が連携して行っている、フードドライブキャンペーンのキックオフイベントが開催されました。


この連携キャンペーンは、今年で3回目になります。

はじめに、千葉県生協連の上山精一専務からキャンペーンの趣旨説明があり、「多くの食品廃棄がありながら、食べるのに困っている人がいる現状をふまえ、大切な食べ物が捨てられる食品ロスが減るように、食べられない人がいなくないるように、この活動を行っていく」と話されました。

キックオフセレモニーでは、各生協の代表が登壇し、なのはな生協からは山城明美理事が挨拶しました。

基調講演では、特定NPO法人生活困窮・ホームレス自立支援ガンバの会理事長の副田一朗さんから、「フードバンクとガンバの会」という題でお話しいただきました。

もともとは牧師をされていて、教会の信徒の後押しされる形で、市川でホームレス支援を始めて30年ほどになるとのこと。
フードバンク提供の食料を利用した食料支援・居宅支援などの物質的貧困にとどまらず、人間関係貧困である生きがい支援・孤立孤独の解消、介護や看取りや葬儀から納骨まで、信頼関係を重視した伴走型支援・人生支援などの幅広い活動をしていると話がありました。
そして最後に、「『ありがとう』が言える相手がいる孤立・孤独のない社会、ガンバの会のような支援団体がなくなる社会を目指しています」と締めくくられました。

次に、フードバンクの活動紹介として、
フードバンクちば代表の菊地謙さんからは、設立当時から今までのフードドライブの広がりや、利用者の声、資金面運送面での課題にむけての取り組み等の話がありました。
フードバンクふなばし代表の笹田明子さんからは、経済的に困窮している子育て家庭への食品支援をしていること、箱を開けた時に喜んでもらえるように、お菓子を一番上に置いて箱詰めするなど、きめ細やかな支援の様子が紹介されました。

フードバンク利用団体リレートークでは、
キタナラ子ども食堂の伊藤由佳さんの話から、カフェの空き時間を使って月1回17時~19時に営業しているので、保育園のお迎え帰りの親子も来る等の実情を知ることができました。

 

いちはら生活相談サポートセンター荒原寛治さんは、「食べ物を支援してもらえることから相談するメリットを知ってもらい、この人には相談しても良いのだという信頼関係を築きたい」と、
船橋市「保健と福祉の総合相談窓口」さーくるの島田将太さんは、「対象者を限定せずに相談を受け付け、制度や地方自治体の相談窓口では支えきれない部分をサポートしていきたい」と話されました。当日は、46kgの食品が集まりました。

イベント終了後、千葉駅前にて宣伝活動と募金活動を行いました。

なのはな生協では、9月9日(月)~10月4日(金)の期間で、フードドライブキャンぺーンを行います。
ご家庭で不要になった食品がございましたら、回収票と一緒に配達職員にお渡しください。
ご協力をお待ちしております。

アーサー・ビナード氏 講演会 市川 2019/9/26

なのはな生協

アーサー・ビナード氏 講演会
アメリカ生まれの詩人が語る
改憲でどうなる ニッポン

アーサー・ビナード(Arthur Binard)氏 プロフィール

1967年 アメリカ・ミシガン州生まれ 詩人、俳人、随筆家、翻訳家
2001年 詩集『釣り上げては』で中原中也賞
2005年 『日本語ぽこりぽこり』で講談社エッセイ賞
2007年 『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』で日本絵本賞
2012年出版の写真絵本『さがしています』で第33回広島文化賞、
講談社出版文化賞、産経児童出版文化賞
2017年 早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞  等受賞歴多数
文化放送ラジオ番組 『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!!』内
『アーサー・ビナード 午後の三枚おろし』パーソナリティー
9条の会会員でもあり、反戦平和活動・脱原発活動に積極的に参加している。

今の日本は、戦後民主主義最悪の危機を迎えています。
子どもたちの将来のため、日本の未来のため、まずは、憲法を知ってみませんか?
ユーモアあふれる語り口で、鋭い観察力に基づいた切り口から、「日本国憲法の成り立ち」「今の生活や子どもの将来が改憲でどう変わるか」などを話していただきます。

日   時  9月26日(木)10時~12時(受付9時40分~)
場   所  市川市男女共同参画センター7F研修ホール
参 加 費  500円
保   育  1家族500円(キャンセルの場合は早めにご連絡ください)
申込み締切  9月13日(金)
問合せ TEL :043-216-7087 または 0120-910-871
担当 わくい

≪平和活動募金のお願い≫
折り鶴活動や平和代表派遣などの
平和活動のため、ご協力をお願いいたします。注文書の6ケタ番号記入欄に番号と口数をご記入下さい。
001890 1口: 100円
001891 1口: 500円
001892 1口:1,000円

-お申し込みはこちらから-

お名前 (必須)

組合員番号(必須)

メールアドレス(必須)

当日のご連絡先 (必須)

ご参加人数〇名

保育希望

保育ありの場合、保育のお子様のお名前と年齢

同行者のお名前等連絡事項欄

内容をご確認の上チェックを入れてください

※お申込みに際しご提供いただきました個人情報は、当活動の案内にのみ使用いたします。

ワクワク収穫体験2019

なのはな生協

爽やかな風が吹き抜ける中、自然と触れ合いながらの収穫体験。
野菜BOXでお馴染みの大栄みみずの会の畑で、収穫の秋を満喫しましょう。
当日は、さつま芋(一人2株)、里芋(一家族2株)、落花生(一家族4株)などの野菜が収穫できます。
ご家族での参加をお待ちしています。

★日 時:2019年10月5日(土)10:30~15:00(雨天決行)
受付 10:00~
★会 場:みみずの会の畑
住所:千葉県成田市官林385-2付近
(東関東自動車道大栄ICから約3km)
★参加方法:自家用車 駐車場に9:45に集合です。
※臨時駐車場から会場まで、お子さんの足で30分程度歩きます。
★参加費:大人…中学生以上  800円
小人…3歳~小学生 500円
幼児…3歳未満   無料
★持ち物:昼食・レジャーシート・軍手
収穫用の大袋・食器類など(豚汁を用意します)

★締 切:9月20日(金)

☆当日キャンセルの場合は返金いたしませんので、予めご了承ください。

なお、参加費は商品代金と一緒に請求させていただきます。
※申し込みされた方には、後日、詳細をお届けします。
※スタンプカードは1家族につき1スタンプです。
※問い合わせ:0120-910-871または043-216-7087(担当:いとう)

-お申し込みはこちらから-

お名前(必須)

組合員番号(必須)

メールアドレス(必須)

当日のご連絡先 (必須)

ご参加大人人数(中学生以上)

ご参加小人人数(3歳~小学生)

ご参加小人人数(3歳未満)

連絡事項等記入欄

内容をご確認の上チェックを入れてください


※お申込みに際しご提供いただきました個人情報は、当活動の案内にのみ使用いたします。

 

映画:沖縄スパイ戦史 松戸上映会

上映会のお知らせです。

上映日 2019年9月21日(土)

会 場 松戸市民劇場(→地図)
時間
*1回目 10時(2時間)*三上監督講演12時10分(45分間)
*2回目 13時15分  *三上監督講演15時25分
※前売券…プレイガイド/良文堂書店(松戸駅東口)
大人1000円(当日1200円) 18才以下/500円 中学生以下・障がい者/無料

主催:「松戸沖縄とつながろう!」実行委員会
後援:松戸市教育委員会
杉見090-3248-3433 吉野090-4606-9634

*なのはな生協では、「松戸沖縄とつながろう!」実行委員会の活動に協力しています。

稲刈り体験ツアー2019

なのはな生協

◆日 時:2019年9月21日(土)10時30分~14時頃 受付開始10時~(小雨決行)
◆場 所:こうざき自然塾の田んぼ
◆現地集合 こうざき天の川公園内 (千葉県香取郡神崎神宿1034)
◆参加費:大人1,000円(中学生以上) 小人500円(4才以上)(当日のキャンセルは払い戻し致しません。)
◆定 員:100名
◆持ち物: 飲み物、レジャーシート、食器類
◆昼 食:新米のご飯、豚汁、漬物等
◆締 切:9月6日(金)

参加費は、後日商品代金と一緒に引き落としになります。
また、現在こうざき登録米を登録している方は参加費無料です。(登録申込は、稲刈り当日でもOKです)

※会場までは圏央道の神崎インタ-から5分程度。
電車での参加の方はJR下総神崎駅から会場まで送迎いたします。

◆参加者には、後日詳しい案内をお届けします。
※問い合わせ先 0120-910-871または043-216-7087

 

さようなら原発9.16全国集会

なのはな生協

一緒に行動しませんか?

 

※集合場所・時間は後日ご連絡いたします。

お問合せ:0120-910-871または043-216-7087(担当:伊藤)

 

ドキュメンタリー映画「沖縄から叫ぶ 戦争の時代」上映会

戦争はいやだ市川市民の会
2019年度第3回「集い」ご案内

ドキュメンタリー映画上映

「沖縄から叫ぶ 戦争の時代」

■日時 9月7日・土14:00(開場13:45)~16:40

■場所 市川市文化会館3階第5会議室
JR本八幡駅南口下車、駅コンコース地図参照徒歩約10分

■DVD上映 沖縄から叫ぶ  戦争の時代+イージスアショア・秋田

■お話 監督 湯本雅典さん
<プロフィール>1954年生まれ。元都内小学校教員。2006年中途退職。
その後、学習塾運営や福島からの避難者事務所を起ち上げ支援。
現在は、教員時代からやっていた映像制作に打ち込む。
代表作『学校を辞めます51歳の僕の選択』『子どもたちを放射能から守れ福島のたたかい』
現在、沖縄と秋田に通い『戦争の時代2』を製作中。

★資料代500円  閉会後、懇親会予定、参加自由ぜひどうぞ

多くのみなさんがすでにご存じの通り、沖縄県民はいま、「憲法違反」のるつぼに押し込められています。
抗う県民は、先の参院選においてもまた圧倒的「民意」を意思表示しました。
「地方自治」精神を尊重することのできない安倍首相(内閣)によって、沖縄の地での「憲法違反」は増幅されてきました。
危機的なことは、自らの憲法違反言動には気付かない安倍首相が「改憲」をリードしていることでしょう。
また参院選での与党議員のわずかな過半数をもって「民意は改憲推進」と評価する、典型的なご都合主義にあるのではないでしょうか?

以下に、上映DVD監督湯本氏のメッセージ・呼びかけを転載させていただきます。共に考えましょう。

『沖縄取材の前には、映画タイトルがこうなるとは思いませんでした。
しかし、辺野古や離島(宮古島、石垣島、与那国島)、そして鹿児島県奄美大島に入り、私が今まで見たことのない光景を見た時に、このタイトルしかないと感じたのです。
巨大な基地が、今作られ、これからも作られようとしているのです。
それは米軍と自衛隊の基地です。
おまけに住民の意見などろくに聞かずに国はおしすすめています。
今年、安倍首相は、憲法を変え9条に「自衛隊」を明記する、と言ってます。
その行きつくところはここなのだ、と実感しました。(中略)…日本全土が平和を脅かされる暗雲に包まれつつあります。…もちろん国に抗う人々は山ほど登場します。』

ぜひ、みなさん!ご参加ください。

《主催》戦争はいやだ!市川市民の会(2001・10発足
運営委員・50音順 池田美代子 菊池嘉久 酒井幹夫
塩川希代子 みつはしひさお 山浦恵津子 山口真理子
山本進 レウス敏枝
<連絡先>菊池嘉久090・6948・8998

なのはな生協では、この活動に賛同し、協力しています。

いのちをつなごう フードドライブ2019キックオフイベント9/6

なのはな生協

連携フードドライブキャンペーン
キックオフイベント参加者募集

1.キックオフイベント
日 時:2018年9月6日(金)9:30 開場 10:00 開演 12:00 終了
会 場:「ホテルプラザ菜の花」中会議室「槙(まき)1-2」千葉市中央区長洲1-8-1
参加費:無料(参加者には余剰食品の持ち寄りをお願いします)
内 容:
1)キャンペーン開始セレモニー
2)講演「絆をつなぎ、無縁社会をつくらないガンバの会の活動」

講師:副田一朗さん(認定NPO法人生活困窮・ホームレス支援ガンバの会理事長)
1997年に市川市でホームレス支援を開始し、家、食料、衣類という物質的(ハウス)の貧困をよりも、自分が所属する社会や共同体が貧弱であること、すなわち社会性(ホーム)の貧困が本質であると考え、生きがい支援、葬祭・墓地運営などのほか、近年は訪問介護や子どもの学習支援にも力を入れている。
フードバンクちば設立当初から食品の提供をさせていただいている。

3)フードバンクちばの説明、フードバンクふなばしの報告
4)フードバンクの利用団体報告
子ども食堂や生活困窮者自立支援機関など、フードバンクを利用している団体からの報告をいただきます。

 

2.キャンペーンの目的
フードバンクちばは、2012年5月の設立以来、毎年3回、県内訳100ヶ所の拠点で「フードドライブ」(家庭で余っている食品を寄贈いただく企画)を行い、食品ロスの削減と困窮者支援に取り組んできました。
これにより、1回当たり10~20トンの余剰食品が集まるようになっていますが、一方で食べるものに困っている人へ食品援助の要請は増え続けており(2018年度の年間支援件数2,534件)、常に食品は不足気味です。
このような中で、一昨年9月から11月に県内生活協同組合および千葉県生活協同組合連合会との共同企画として「いのちをつなごう~フードバンクちば×生活協同組合連携キャンペーン」を開催。
各生協でフードドライブ等の活動に熱心に取り組んでいただき、多くの食品を集めることが出来ました。
今年もキャンペーンを継続し、食品ロスの削減と生活困窮の問題について県内の多くのみなさんに知っていただく企画を行います。

キャンペーン期間:2019年9月~11月
キャンペーン内容:各生協がさまざまな形でフードドライブの取り組みを行います。

 

3.問合せ・申込 フードバンクちば
千葉市稲毛区緑町1-25-11-101
電話043-375-6804 Mail fbchiba@jigyoudan.com

 

-お申し込みはこちらから-

お名前(必須)

組合員番号(必須)

メールアドレス(必須)

当日のご連絡先 (必須)

ご参加人数

同行者のお名前 等、連絡事項記入欄

内容をご確認の上チェックを入れてください

※お申込みに際しご提供いただきました個人情報は、当活動の案内にのみ使用いたします。

 

夏休み親子教室「納豆を作ってみよう」 8/22

なのはな生協

 

有機納豆でお馴染みの㈲菅谷食品の関本政英さんを講師にお迎えして、昔ながらの稲わら納豆を作ります。


納豆がどのように出来るのか、夏休みの体験学習や自由研究に是非、親子で参加してみませんか。

 

日 時 8月22日(木)

時 間 10時30分~12時30分 10組 受け付けは10時から

場 所 船橋市中央公民館4F実習室

参加費 1人:500円

保 育 保育はありません。

持ち物 エプロン・三角布・布巾・保冷バッグ(持ち帰り用)

締切り 8月8日(木)

◆申し込み多数の場合は抽選になります。
◆当選・落選のご連絡は致します。
◆当選者には、ご案内をお届け致します。
◆問合せ先:電話 0120-910-871 043-216-7087(伊藤)