なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

社会的養護のこどものくらしと自立を考えるシンポジウム2020

社会的養護のこどものくらしと自立を考えるシンポジウム2020

なのはな生協


社会的養護下に暮らす子たちの自立への支援は、その必要性の認識は高まりつつあり、民間を中心とした支援も少しずつではありますが整備されようとしています。
しかしほとんど後ろ盾のない子たちの自立には困難がついて回ります。
いったんは挫折しても再チャレンジしたい、そんな子たちにも寄り添っていきたいと、2016年度ちばこどもおうえんだんは「こども・若者未来基金」を設立し、県内の3つの生協(パルシステム千葉・なのはな生協・生活クラブ)がそこに参画しています。
多くの方に、社会的養護のこどもを取り巻く環境や自立の困難さ、そして「こども・若者未来基金」について知っていただくためにシンポジウムを開催します。

第1回 

web聴講可

日時:9月5日(土)
14:00~16:00(13:30開場)
場所:千葉商工会議所ホール
(先着70名)
講師:宗次 徳二さん
(カレーハウスCoCo壱番屋 創業者)
web聴講希望の方は、事務局までお問い合わせください。詳細は、別途ご連絡します。

第2回 

日時:10月8日(木)
10:00~11:30(9:30開場)

場所:アミュゼ柏 プラザ
(先着50名)
「子どもたちに寄り添って」
自立援助ホーム未来の杜 平安 明希さん
市川市生活サポートそら 小林 大騎さん
子どもたちの個人情報なども含まれるため、webでの配信は行いません。

登壇者プロフィール
宗次 徳二さん  カレーハウスCoCo壱番屋 創業者

1948年石川県生まれ
生後まもなく孤児院に預けられ、3歳で「宗次」姓の養父母に引き取られる。
自ら学費を稼ぎながら高校を卒業。
名古屋市に喫茶店「バッカス」を開店し、接客重視の経営が奏功する。
2号店、3号店を出店するうちに、メニューの中でカレーライスの人気が爆発し、 1978年「カレーハウスCoCo壱番屋」の1号店をオープン。
自身は、2002年をもって会長職を退き、現在はNPO法人「イエロー・エンジェル」を設立。文化施設の設立や慈善活動に精力的に取り組んでいる。

 

*録音・録画は固くお断りします。

◆参加費:無料
◆託児はありませんが、お子様もご一緒に!
◆締め切り:開催日の1週間前
◆主催:生活協同組合パルシステム千葉・なのはな生活協同組合・生活クラブ生活協同組合
特定非営利活動法人ちばこどもおうえんだん(こども・若者未来基金運営委員会)
◆申し込み方法:電話、メール、FAXにてお申し込み下さい。
二次元バーコードからも申し込めます。
◆お申し込み・お問い合わせ先:(NPO)ちばこどもおうえんだん(月~金 10~16時)

TEL/FAX:043-205-4046
mail:chiba.kodomo_ohendan@fuga.ocn.ne.jp
新型コロナウイルス等の影響により変更もしくは中止となる可能性があります。
最新情報につきましては、ちばこどもおうえんだんweb ページ( http://kodomo-ouendan.com/) をご覧ください

 

会場アクセス

千葉商工会議所(千葉市文化センタービル14階)
千葉市中央区中央2-5-1 千葉中央ツインビル2号館
>>地図ページはこちら
◆京成千葉中央駅 徒歩8分
◆千葉都市モノレール葭川公園(葭川公園)駅 徒歩3分
◆JR千葉駅16番のりばC-bys(シーバス)に乗車後
「三井ガーデンホテル前」下車 徒歩1分

アミュゼ柏
柏市柏6-2-22
>>地図ページはこちら
◆JR・東武柏駅東口より徒歩7分

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のための対策について
1.会場の収容定員の半分の方がご参加いただけます。
また、参加者同士の間隔を空けてお座りいただきます。
参加可能人数
1日目:先着70名(定員140名)
2日目:先着50名(定員100名)
2.机・いすドアノブなど、人の触れる場所の消毒を行います。
3.入り口で検温を行い、37.5度以上の熱がある方はご参加いただけません。
また2週間以内に発熱などの症状のあった方もご参加いただけません。
4.当日は、マスクを着用の上ご参加いただき、入り口での手指の消毒にご協力ください。
5.新型コロナウイルス感染拡大の影響のため、変更・中止となる場合があります。

チラシ(申込書)はこちらからダウンロード>>

«