なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

組合員活動

報告:のぞいてみよう のみもののせかい

なのはな生協 ユニセフ委員会

「のぞいてみよう のみもののせかい」

11月17日(金)
ユニセフ委員会 秋のイベント 「のぞいてみよう  のみもののせかい」を千葉市生涯学習センターにて開催しました。

参加人数9名と委員7名、理事2名の合計18名で行われました。
★参加費300円/人は日本ユニセフ協会へ全額寄付します★

砂糖不使用ですが、甘酒やフルーツの身体に優しい甘みで作るスムージー2種(ベリーと甘酒、チョコバナナ)の試飲と、

第3世界ショップのナッツ、ネオファームのドライフルーツを試食しました。

飲料製品の生産国は主に発展途上国であり、その国で起きている児童労働の現状、
フェアトレードすることによりどんな改善がなされるのか、またユニセフの活動について話をしました。

今回は、特別な講師をお招きして講演をするということではなく、ユニセフ委員会のメンバー3名が
各々持ちネタを考えて本の一部を引用、紙芝居風、絵本の読み聞かせ+自分の言葉で伝えさせて
いただきました。


程よい人数だったので、大きなテーブルで輪になりとても和やかな雰囲気でした♪

【参加者アンケート】
皆様より沢山の感想やご意見を頂戴しましたので、その一部を紹介させていただきます。

・フェアトレードという言葉を知っていたけど、その製品を利用することで、どのように役に立つのか
イメージすることができた。
・ドライフルーツは1袋買って口に合わないと嫌だけど、少しずつ試せて良かった。
・このような企画を2・3・4回と継続して行い、ユニセフの活動を支援していきたい。

美味しいスムージー、ナッツやドライフルーツ(7種)を食べながら、その生産国で働く人々へ想いをはせ
世界観も広がる良き会となりました。

今後とも皆様のご協力・ご支援を賜りたく、よろしくお願い致します。

ユニセフ委員会

のぞいてみようのみもののせかい

なのはな生協 ユニセフ委員会

日 時:11月17日(金)10:00~12:00

会 場:千葉市生涯学習センター食文化研修室

定 員:25名

参加費:300円(全額ユニセフに寄付)

持ち物:エプロン・ふきん

保 育:1人200円要予約

申込締切:11月10日(金)

問い合せ:☎0120-910-871携帯からは☎043-216-7087

ポイントカード対象イベントです。

 

 

報告:被爆体験を聞く会 及び 平和代表派遣報告会

なのはな生協

被爆体験を聞く会 及び 平和代表派遣報告会

 

日時 :2017年9月28日(木) 10時~12時
場所 :船橋市中央公民館 第4集会室
語り部:千葉県原爆被害者友愛会 上野博之氏「72年前、小学校1年生の夏」

9月28日(木)船橋市中央公民館にて、千葉県原爆被害者友愛会 上野博之氏をお招きし 「72年前、小学校1年生の夏」と題し被爆体験を聞く会及び平和代表派遣報告会を開催しました。

上野さんは、1938年広島市内で生まれました。その当時は戦時中ではありませんでしたが、 国家総動員法が制定され、すでに「戦時体制」がしかれていました。

翌年には第二次世界大戦 開戦となり、瞬く間に一般市民を巻き込んだ総力戦が展開されることになりました。
1945年8月6日、上野さんは広島市内において原爆投下地より約12kmの地点で、原爆が炸裂した瞬間を見たそうです。
「変な言い方ですが・・・それは、きのこ雲の形をして様々な色が光りキラキラと輝いて見えた」とおっしゃっていました。
しかし、あまりにも不気味で怖くなり直ぐにその場から立ち去ったそうです。

後日、帰宅しない父親を捜しに母親・兄弟と広島市内を歩き続け捜索しました。
様々な情報を集める中、爆心地付近で目撃されたのを最後に、今もって御尊父様の行方は分からないままです。
「現在も友愛会の活動を行いながら、父の捜索活動を続けています。手がかりはありませんが、忍耐強く続けていく」という言葉が印象的でした。

続いて、広島平和代表派遣報告会を行い現地訪問された方々のお話をお伺いしました。

7/25~26、今回参加した7名は広島原爆養護ホーム倉掛のぞみ園、広島赤十字原爆病院、広島平和記念公園、広島原爆資料館を訪問しました。

参加した動機や現地の様子、自ら感じた切実な想いを言葉にし、生協を代表して参加したことに対する感謝を述べられていました。

現在、日本が置かれている北朝鮮との状況が、第二次世界大戦が始まる前の状況と酷似しており、よもや戦前のような空気に支配されつつあります。
参加者のアンケートからは、「核を使用することはもちろん、戦争は絶対にいけないことだと痛感したので、今後もこのような被爆体験を聞く会や平和活動を継続してほしい」という声が多数寄せられました。

なのはな生協では今後も平和活動の一環として、核兵器廃絶署名運動や沖縄平和代表派遣を実施する予定です。
過去の出来事を振り返り猛省すると同時に、未来への種である子ども達が平穏な日々を過ごせるような社会を目指し、今後も平和活動を継続して参ります。
組合員皆様のご協力・ご支援を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

理事 山城

かんたん!あんしん!手作りおやつ

なのはな生協 子育て委員会

玄米おかゆパンとショートブレッド

 

白砂糖・卵・乳製品を使わないおやつを作ってみませんか。

日 時:2017年10月16日(月)10時~12時(受付9:45~)

場 所:船橋市中央公民館 4階 実習室

参加費:700円

保 育:お子様1人につき200円(要予約)4階 体育レク室

定 員:25名 お申込み多数の場合は抽選。連絡がない場合はそのままご参加ください。

持ち物:エプロン、三角巾、ふきん、持ち帰り用袋(タッパーなど)

一緒に作ってくれる麦香さん
(舟橋万理さん)のご紹介
千葉市で天然酵母パンを焼いています。
ハード系にはレーズン酵母、ソフトなパンにはAKO酵母を使っています。
材料はなるべく国産のものを、ドライフルーツやナッツは海外の有機認証を受けたものを使います。
毎日食べてほしいから配合はなるべくシンプルに…全てのパン、お菓子に卵、乳製品は使いません。

締 切:10月7日(土)
お問い合わせ:☎0120-910-871携帯からは☎047‐216‐7087(なのはな生協 涌井)

 

 

 

外貨コイン募金のお願い

なのはな生協 ユニセフ委員会


外国へ行ったときに残ったコインや紙幣がおうちに眠っていませんか?
日本ユニセフ協会では、こうしたコインや紙幣を海外に送り、世界の子供達のために役立てています。
みなさまのご協力をお願いいたします!

 

コインや紙幣を入れた封筒を、注文書ケースに入れ、ユニセフ委員会宛にお願いいたします。
(通貨別に分ける必要はありません。)
受付期間は9月11日~11月3日です。
*11月4日の生協まつりの会場でも受け付けます。

 

防げるはずの病気などにより、5秒に1人の割合で
5歳未満の子どもたちが命を失っています。

 

例えば1ドルでこんなことができます

•下痢による脱水症を防ぐ経口補水塩12袋
•ポリオ経口ワクチン 6回
•失明や、免疫力低下による感染症を防ぐビタミンAカプセル100錠

ビタミンAの1滴が命の可能性を2倍にします。

【外国コイン・紙幣の流れ】

募金のお願いと受付 なのはな生協

国別仕分け 日本ユニセフ協会

海外輸送

各国ユニセフ協会銀行口座 ユニセフ本部

開発途上国の子どもの支援

 

 

あなたは戦争について伝えることができますか?

なのはな生協 ピースアクション2017


戦後約70年を経た現在、戦争を体験された方、被爆された方の高齢化に伴い、
その体験を聞く機会も大変少なくなってきました。
なのはな生協では、平和への思いを次世代につなげるために、折り鶴をはじめとする様々な活動を行っています。
このたび、千葉県原爆被爆者友愛会から語り部の方をお招きして被爆体験をお聞きします。
あわせて、なのはな生協の平和代表派遣(7月25・26日の広島慰問)の報告、原爆に関するパネル展示も行います。
実際に体験した方のお話や被爆地を訪れた方の感想を聞いて、平和の大切さについて改めて考えてみませんか?ぜひ、お友達やご家族と一緒にご参加下さい。

 

【参加者の感想より】
体験者のお話は深み・重みがあって貴重なものだと感じました。
「これが戦争なのです」の言葉が印象に残りました。
当時の体験談と現在の状況を踏まえたお話と映像が分り易かったです。

日 時 2017年9月28日(木)10時~12時

会 場  船橋市中央公民館 第4集会室

参加費  無料

保 育  1人200円

締め切り 9月21日(木)

お問合せ  0120-910-871・043-216-7087(涌井)

 

 

報告:ユニセフハウスへ行こう

なのはな生協 ユニセフ委員会

 

「ユニセフハウスへ行こう」

 

毎年恒例となりました夏休み企画イベント 「ユニセフハウスへ行こう」今年は、7月28日(金)に開催致しました。

今年は大人 11 人、子供11人で参加して一緒に見学しました。

初めにユニセフについて全員でビデオを見ました。

その後、子ども、大人、小さい子どもと大人の3グループに分かれて、ボランティアガイドさんによるユニセフハウス資料展示の説明を聞きました。

 

大人の第1グループでは、まず最初に、ユニセフの使命、組織、あゆみについて学びました。

ユニセフと聞くと、貧困の国への手助けの募金のみと思われるかと思いますが、戦後は日本もユニセフの支援を受けていた、また、震災などの災害時には現在でも支援を受けることがある…とのご説明を聞いて、そうだったんだなぁ…と、今は豊かな日本国の私達日本人ですが、その恩返しの使命もあるのだなぁと感じました。

 

次に、ユニセフ活動地域の分布図、そして、子どもの権利条約について説明がありました。

その後、子どもの栄養不良を助けるビタミンカプセル、給水施設が無いために子どもが水くみに使う とてつもなく重い水がめや、子ども兵士 の説明がありました。

 

日本では子どもが守られているという当たり前のことが、貧困の地域では、子どもが犠牲になっていたり、大人に利用されていたりと、残酷な話に胸が痛くなりました。

 

ユニセフという言葉は知ってはいても詳しくはわかっていなかった、その中身をしっかり理解出来て、改めて支援の大切さを実感出来る、とても意義のあるイベントになりました。

 

報告:ピースアクション2017折鶴活動

7月14日 組合員の皆様にご協力いただいていた折鶴が本日の作業で完成いたしました事をご報告いたします。

折鶴活動登録組合員から22000羽
ひとり1羽運動で折って頂いた数654羽
合計22676羽の鶴がみごとな形で繋がりました。

7月25日26日の日程で、広島へ代表派遣を行います。

それに先立ち、広島、長崎の各施設へ折り鶴を発送いたしました。

ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

こども食堂「からべえ」

なのはな生協

「こども食堂 からべえ」

現在 全国400ヶ所以上に広がっている『こども食堂』。
背景には「子どもの貧困」という社会的問題・地域の課題があります。
「夕食は コンビニ弁当を ひとりで食べている子」
「給食を食べに 学校へ来ている子」
未来を担う子どもの支援は 重要な課題です。
食に関わり 築き上げたネットワークをいかし
なのはな生協として 何かできることはないだろうか ?
試行錯誤し・・・

7月 22日(土)成田市 加良部(からべ)ショッピングセンター内
学習ルームに「こども食堂 からべえ」
をオープンすることになりました
(月2回 / 第2・4土曜 予定)

 

開催場所になる学習ルームには、調理するためのキッチンがありません。
そこでみなさんからの「こども食堂 募金」への応援をお願いします!

こども食堂 募金
010900→1口 100円
010910→1口 500円
010920→1口 1000円

* OCR用紙に 6ケタ番号を記入して 何口でも募金できます。
* ネット注文の方も「こども食堂 募金」から 何口でも募金できます。

 

***他にもいろいろ募集しています!***

❶調理サポーター  (調理のお手伝い)
❷学習サポーター  (子どもたちに勉強を教えられる方)
❸本        (こどもたちが読むための本)
❹テーブル・椅子  (みんなでご飯を食べたり、勉強をする時に使います)
❺お皿類      (カレー皿サイズのお皿・コップ・スプーンなど)

*❶❷はボランティアです。交通費など自己負担でこども食堂に通える方。

 

<お申し込み>
❶❷は商品案内に折り込んであるチラシの申し込み用紙かお電話で!
❸❹❺はお電話を!
0120−910−871または 043−216−7087(わくい)

 

 

加良部ショッピングセンター地図

 

ユニセフハウスに行こう

なのはな生協 ユニセフ委員会
夏のイベント

ユニセフが世界でどのような活動をしているかご存じですか?
ユニセフは、世界中の子ども達の命と健やかな成長を守るために活動する国際機関です。
ユニセフの活動と出会える場所、ユニセフハウスは実は世界でもここだけしかない貴重な場所です。
今回もユニセフのスタッフの方の説明を聞きながら展示スペースを回ります。
親子で参加して、ユニセフで学んだことを夏休みの自由研究や作文、絵日記などのテーマにいかがでしょうか。
もちろんお一人でも、ご夫婦でも…また、お友達を誘っての参加も大歓迎です。
たくさんのご参加をお待ちしています。

 

日 時:2017年7月28日(金)
集合11時 品川駅中央改札口みどりの窓口前 (13時頃解散予定)
(ユニセフ委員がプラカードを持って立っています)

会 場:ユニセフハウス  地図>>
定 員:とくにありません
参加費:無 料

申込締切:7月20日(金)

問い合わせ:なのはな生協(涌井(わくい))
☎0120-910-871 ☎043-216-7087

メール:event@nanohana-coop.or.jp