なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

組合員活動

報告:千葉県から一番近い原発を視察(東海第二原発)

なのはな生協

9月26日に開催した「千葉県から一番近い原発を視察(東海第二原発)」の参加者から感想が寄せられました。


東海第二原発を視察して

9月26日、なのはな生協さんの企画に乗って千葉から一番近い東海原発を見に行きました。約20名が車3台に分乗して一気に東海村に向いました。 奇しくも、この日は原子力規制委が「東海第二原発の新基準適合」を認める 審査書を正式決定と新聞の夕刊は伝えていました。それに抗議するために「運転差し止め訴訟」原告団長大石光伸さんらが東京に赴いていました。

現地に到着して、初めにコミュニティセンター(入口に東海村民憲章の看板があり、『わたくしたちはゆかしい歴史と原子の火に生きる東海の村民です』と書かれています)で脱原発とうかい塾の相沢一正さんから廃炉をめざす取り組みとその決意をお伺いしました。

相沢さんは50年近く東海第二原発に反対し続けてきた人です。今回、規制委は原発再稼働を認める決定を下したが、こんな古くて地震に弱く、使用済み核燃料の問題等々があるのに更に20年の運転延長など絶対に認めるわけにはいかない。まだ、それらを止める手立てがある、 と述べました。今年の3月に日本原電と東海村を含む6市村との間で「新安全協定」が締結され、その中で6市村は当事者として「事前了解」の権限を持っている、それぞれの自治体の首長や議会が「再稼働」なり「20年延長」に反対との意思表示を求める住民(再稼働反対が60%を超える)たちの運動が重要であると述べました。

 

東京、千葉が東海第二原発からほぼ150km 圏内に入ることを考えれば、まさに人ごとではない!私たち自身も反対の意思を表明し、署名等に積極的に参加していく事が求められていると思いました。10月20 日(土)に第二原発ストップの首都圏大集会が予定されています。時間の許す限り参加したいと思います。

次に車で東海第二原発に行き、全体像を眺めながら PR 館に入りました。とに かくピリピリしているのか、写真は撮ってはダメ、と何度も言われました。原発だと言われなければわからないほど、何の変哲もない箱型の建造物です。

屋上(上がる時カメラを差し出しました)から眺めると海が近いことが分かり、 防潮堤らしきものは確認できませんでした。PR 館ですから、「怖い」ことは何も書かれていませんでした、というのが私の感想です。この年になってから初めての東海原発見学、もっと、もっと関心を持たなければ・・・。

市川市 N.J

報告:子育て委員会イベント

なのはな生協 子育て委員会

子育て委員会 親子で学ぶ性の話

8月26日、船橋市中央公民館に、助産師の土屋麻由美先生をお招きして、親子・家族でお話を伺いました。
今回の企画は、2月に開催して好評だった教育講座を親子で聞きたいという声に応えて実施したものです。
当日は、スタッフを含め、31家族、大人37名(お母さん・お父さん・おばあちゃん)、子ども43名の参加がありました。

まず子ども向けの話のあとに、質疑応答を中心に、大人向けの話をしていただきました。
前半の子どもたちへの話として、
1.からだの違い 心の違い
2.プライベートゾーンについて
3.プライベートゾーンの洗い方
4.プライベートゾーンをいじること
5.命のなりたち
6.お腹の中にいたときのこと
7.あなたが生まれてきたときのこと
について、スライドや人形を使い、子ども達に易しく、語り掛けるように話してくださいました。

先生はお話の中で、生きていくのに大切なこととして、
1.自信を持っていること
2.安心していられる
3.自由であること
と話されました。

日本の教育では、性の話をタブーとしていて、外で話すことではないとしていますが、情報が多く、スマホ等で見てびっくりしてしまったり、間違えてとらえてしまったり、怖いことと誤解するケースも多いそうです。
子どもたちも、自分の事だから知りたいので、子どもの時から、お互いの多様性を認め合い、正しい知識、人間らしい人権教育、性の健康教育が必要と話されました。
また、成人するまでに自分の身体を大切にすることを考え、泌尿器科や産婦人科を受診することも必要ということでした。

参加者からは、
・子どもが自分のプライベートゾーンをいじることが気になっていたが、話が聞けて良かった
・親向けの話、現在の性教育の現状も聞けて良かった
・子どもがもう少し大きくなったら、また、話を聞きたい
・今後、家族で話していきたい
との感想がありました。
日曜日開催ということで参加してくれたお父様からも、わかったことがあって嬉しかったという声があり、育メンパパ達も、いろいろ考えてくれているのだなと感じました。
子育て委員会では、これからも、現在子どもが直面している問題・置かれている状況を考えるきっかけとなるような企画を考えていきたいと思います。

ユニセフ外貨コイン募金2018

なのはな生協 ユニセフ委員会


外国へ行ったときに残ったコインや紙幣がおうちに眠っていませんか?
日本ユニセフ協会では、こうしたコインや紙幣を海外に送り、世界の子供達のために役立てています。
みなさまのご協力をお願いいたします!

 

コインや紙幣を入れた封筒を、注文書ケースに入れ、ユニセフ委員会宛にお願いいたします。
(通貨別に分ける必要はありません。)
受付期間は9月10日~10月26日です。
*10月27日の生協まつりの会場でも受け付けます。

 

防げるはずの病気などにより、5秒に1人の割合で 5歳未満の子どもたちが命を失っています。

 

例えば皆様の募金でこんなことができます

•6,531円で 下痢による脱水症を防ぐ経口補水塩1000袋
•151円で ポリオ経口ワクチン10回
•100円で 失明や、免疫力低下による感染症を防ぐビタミンAカプセル100錠

ビタミンAの1滴が命の可能性を2倍にします。

【外国コイン・紙幣の流れ】

募金のお願いと受付 なのはな生協

国別仕分け 日本ユニセフ協会

海外輸送

各国ユニセフ協会銀行口座 ユニセフ本部

開発途上国の子どもの支援

 

 

ピースアクション2018沖縄代表派遣

なのはな生協
ピースアクション2018
沖縄平和代表派遣

なのはな生協では、戦争をなくし、次世代に平和の尊さを伝えるために、毎年、様々な活動をしてまいりました。
沖縄は、先の大戦で日本で唯一アメリカとの激しい地上戦が行われた地で、県民の4人に1人が犠牲となりました。
沖縄の基地問題は、沖縄だけではなく日本全体の問題です。さらに言うならば、国や民主主義のあり方、これから日本が進む方向を考える上で、避けて通れない問題だと考えます。
沖縄の歴史を学び、現地に足を運ばなければわからない沖縄の現状を知り、平和な世の中を継承するために何をすべきかを一緒に考えていただければと思います。

◆日  程 11月16日(金)18日(日) 2泊3日 <成田空港発>
◆参 加 費 1名35,000円(平和募金より一部補助)
◆募集人数 8名(募集人数を越えた場合は抽選となります)
◆申込締切 9月28日(金)
※10月1日に連絡をいたします。

1日目:成田空港発(8:15)~ 那覇空港 ~ 嘉数高台公園、沖縄国際大学、佐喜眞美術館見学(普天間基地周辺)~ 道の駅かでな(米空軍嘉手納基地)~ 座喜味城跡公園(チビチリガマ・シムクガマ)~ホテル着【名護市内】(18:00)

2 日目:ホテル出発(8:00)~ 本部港(伊江島フェリー)~ 伊江島視察(ヌチドゥタカラの家、公益質屋跡、米軍演習所など)~ 辺野古(海岸テント、キャンプシュワ―ブゲート前) ~ ホテル着【那覇市内】(18:00)

3日目:ホテル出発(8:30)~ ひめゆりの塔 ~ 平和祈念公園・沖縄平和祈念資料館 ~ 不屈館(瀬長亀次郎と民俗資料) ~首里城 ~那覇視察 ~那覇空港着(17:30)~那覇空港発(19:15)~ 成田空港着(21:40)

参加費は、航空運賃・宿泊費・現地交通費・見学施設入館料等に充当します。
自宅から空港迄の交通費及び食事代は、自己負担となります。
※2日目、3日目朝食は宿泊費に含まれます。

※問合せ先☎0120-910-871または☎043-216-7087 (涌井(わくい))

 

《参加者の感想》
短い滞在の間であるが、移動の車から見る延々と続く基地のフェンス、新聞で報道される米兵による事件・事故。沖縄はまだまだ戦後から抜け出せておらず、米軍の占領下にあると感じました。(T・Y)
今までも沖縄基地問題を傍観していたつもりは決してないのですが、やはり自分自身の五感で感じることができて良かった。(M・M)
緊迫した抗議行動は見られませんでしたが、常に海と陸とで連携して監視を続けている現実。私達の日常とはあまりにもかけ離れています。そして住民同士が賛成派と反対派に分かれているというのは、本当に悲しいことです。(K・Y)

 

平和活動募金にご協力を!
折り鶴活動、代表派遣など平和のための活動を行うにあたり、皆様に平和活動募金のご協力をお願いいたします。
注文書の6ケタ番号記入欄に
番号と口数をご記入ください。
001890 一口: 100円
001891 一口: 500円
001892 一口:1,000円

 

ピースアクション2018『被爆体験を聞く会』と『平和代表派遣報告』

なのはな生協
ピースアクション2018

あなたは戦争について
伝えることができますか?

『被爆体験を聞く会』と『平和代表派遣報告』

戦後72年を経た現在、戦争を体験された方、被爆された方の高齢化に伴い、その体験を聞く機会も大変少なくなりました。
なのはな生協では、平和への思いを次世代につなげるために、折り鶴をはじめとする様々な活動を行っています。
このたび、千葉県原爆被爆者友愛会より小谷孝子さんをお招きします。
腹話術を通して子ども達にも理解しやすい言葉で被爆体験を語ります。
あわせて、なのはな生協の平和代表派遣(7月24・25日の長崎慰問)の報告、原爆に関するパネル展示も行います。実際に体験した方のお話や被爆地を訪れた方の感想を聞いて、平和の大切さ・命の尊さについて一緒に考えましょう。

小谷孝子さんのご紹介
1945年8月6日、6歳の時に広島のご自宅(爆心地より2.5km)で被爆されました。
小谷さんはその時の様子を、腹話術を通して子ども達へわかりやすく伝えています。
核兵器の脅威や・平和の尊さを語り継ぐことを目的に、主に小中学校で活動されています。

日 時:2018年9月29日(土)10時~12時
会 場:船橋市勤労市民センター 第1講習室(2階)
参加費:無料
保 育:1人500円
締め切り:9月14日(金)
お問合せ:☎0120-910-871・☎043-216-7087(涌井)

 

 

 

千葉県から一番近い原発を視察:東海第二原発

なのはな生協

東海第二原発視察 参加者募集
千葉県から一番近い原発を視察

まさに首都圏にある原子力発電所!

茨城県の東海村にある東海第二原発は1978年に運転を開始し、今年11月に使用期限の40年を迎える日本で最も古い原発です。
30㎞圏内に水戸市があり、96万人が暮らしています。
栃木県まで50㎞、千葉県まで80㎞、東京までわずか110㎞であり、まさに首都圏の原発である事が分かります。
福島原発事故を考えれば3000万人が生活している首都圏ではより一層避難が困難なのはあきらかです。

 

東海第二原発の再稼働と20年延長?

東海第二原発は福島第一原発と同型の沸騰水型原発であり、東日本大震災で被災、損傷し、冷温停止するまでに3日半もかかりました。
震災以降7年以上も稼働していないだけでなく使用開始から40年が経過した老朽原発で、再稼働となれば不測の事態が起こる可能性が高いと言われています。
しかし原子力規制委員会は再稼働「許可」に前のめりで、規制基準適合性許可(合格証)、20年運転延長認可を下ろそうとしています。
そのほかにも東海村には第二原発だけではなく、再処理工場などの関連施設が多数存在しています。
中でも「東海再処理工場」の高レベル廃液は、事故により汚染が広がれば同時複合災害の危険性もあります。
その現状を実際に皆さまの目で確かめていただければと思います。
※募集人数10名(最少催行人数は5名です。)

参加費:無料

視察日:926日(水)
「東海第二原発の現状(危険性)を知る」当日スケジュール
08:00 千葉駅北口、西船橋駅南口出発(申込時にいずれかを選択)
10:00  JCO(住友金属・1999年 臨界事故が発生)
10:15  現地報告 大石光伸氏(運転差し止め訴訟の原告団代表)
11:10  東海第二原発視察(東海テラパークにて)
11:40  原子力科学研究所
11:50  核燃料サイクル工学研究所
12:15  友部SA(昼食は各自でおとりいただきます。)
15:00  千葉駅北口または西船橋駅南口着
※道路事情等により、訪問場所や時間が変更になる場合があります。

申し込み締め切り:9月14日(金)

◆問い合わせ 0120-910-871 043-216-7087  担当:涌井

※募集人数10名(最少催行人数は5名です)

 

 

 

報告:ユニセフハウスへ行こう2018

なのはな生協
ユニセフ委員会

ユニセフハウスへ行こう

7月31日(火)に毎年夏の恒例行事になっています、ユニセフハウスの見学に今年も行ってきました。

今回は大人15名、子供17名、 合計32名もの多くの参加者での見学となりました。

大人と子どもの2グループにに分かれてパネルや展示物を見ながら、日本ユニセフ協会のボランティアガイドさんがユニセフの具体的な活動内容を分かりやすく説明してくださいました。

中でもネパールの水がめや少年兵の銃のレプリカの重さは、当たり前に水を使い平和に暮らしている私達の暮らしとはあまりにもかけ離れていて、実際に持ってみる事で、運ぶ少女や少年兵の命の重さに思いを馳せる事に繋がる時でした。

参加者の皆さんは大人も子どもも真剣な様子でお話を聞いていました。

初めての方はもちろん何度か参加されている方でも毎回学ぶ事ができ、新たな気付きがある見学会でした。

報告:ピースアクション2018長崎代表派遣

なのはな生協
ピースアクション2018
長崎代表派遣

ピースアクション2018長崎訪問

ピースアクション2018長崎に参加させていただき、ありがとうございました。
初めての長崎でしたが、充実した2日間を過ごさせていただきながら、訪問中もいろいろと思うことが多く、帰宅後はさらに考えさせられる旅となりました。
そこで、訪問記に加え、今日この現在に感じることを付け加えながら書かせていただこうと思います。

社会福祉法人 純心聖母会「恵の丘長崎原爆ホーム」。

少し遅れてしまいお待たせしたにも関わらず、ホールに集まられた入所者の方々の温かいコーラスで優しく包まれました。

みなさんのお姿が胸にこたえましたが、説明してくださったシスターのお話に少しひっかかるものを覚えました。

第2次世界大戦末期、カソリックである純心女子学園の13,4歳の生徒までも、学徒動員で工場へ行っていたということ。
そして、夏休み返上で奉仕していた彼女らも原爆の犠牲となり、214名が亡くなったといいます。
他の宗教関係の学校も同様に動員されていたようです。

国家総動員体制の恐ろしさを想起しながらも、祈りを捧げる身が、どうして戦争に加担させられてしまったのか。
「宗教」そして「教育」ということについて考えてしまいます。
その当時、「御国」とは何を指していたのでしょう。

純心学園はまた、永井隆博士とも創立当時から縁が深く、博士の2女は中高と通っておられたということです。
かねてから尊敬していた永井博士。博士が病身を横たえておられたという、わずか2畳の如己堂を見学させていただきました。
隣にある長崎市永井隆記念館の入り口には「如己愛人」(わがいとし子よ 汝の近きものを己の如く愛すべし)とありました。
病身を押して患者の治療に専心され、平和を希求して止まなかった、やはりカソリックの博士の言葉です。

長崎に落とされたプルトニウム型原爆は、ウラン235の広島型原爆の1.5倍の威力だったそうです。
坂の街、長崎の人々は、猛烈な高熱と石の鳥居をもぎ取るほどの強風にさらされたんですね。
故郷に帰れば同じように普通に暮らす人の手によって。

武器商人でもあったグラバー。
グラバー園の下の三菱重工長崎造船所に、佐世保基地から灰色のイージス艦が修理のために停泊していました。
軍拡で、平和を手にすることは決して、決してできない。互いに信じ合い、分かち合わなければとあらためて思っています。

千葉市稲毛区 H

子育て委員会イベント2018/8/26

なのはな生協 子育て委員会

 

赤ちゃんから始める性教育
~爽やかで温かい日常的な言葉で語る性と生のお話~

 

前回、反響の大きかった土屋先生の性教育の講座。
今回は先生が直接お子さんに語りかけてくださいます。
紙芝居や人形を使って、子どもたちが不安に感じたり、嫌悪感を感じたりしないように、とてもわかりやすくお話しいただけます。
子どもたちがママに性について質問したときに、ママが嫌がらずに快く教えてあげることが、とても大切で、親子の絆の土台になります。
お子さんの対象年齢は2才から小学校低学年です。
どうぞご家族でご参加ください。

日 時:826日(日)10時〜1130分(受付9時45分〜)
場 所:船橋中央公民館5F 第六・七集会室
講 師:土屋麻由美先生(麻の実助産所/東京都練馬区)
参加費:1家族1000円(当日徴収)
保 育:1人200円/対象:2歳未満
持ち物:筆記用具
申込み締切 8月10日(金)

※会場の定員を超えた場合は抽選となります。抽選にもれた場合のみ、17日(金)までに ご連絡します。連絡がない場合は直接会場においでください。
※当日キャンセル、連絡なし欠席の場合は、参加費を引き落としさせていただきます。ご了承ください。

~当日の流れ~
最初に先生からお子さん向けにお話してくださいます。
それをもとに、親子で感想を話し合った後、先生から保護者向けのお話がございます。
お子さんはその間、別室に移動して保育になります。
お子さんがびっくりされませんよう、講座の途中で別室に移動する旨、予めお伝えしておいてくださいね。

問合せ ☎043-216-7087または☎0120-910-871  担当 伊藤

 

-お申し込みはこちらから―

お名前 (必須)

組合員番号(必須)

メールアドレス(必須)

当日のご連絡先 (必須)

ご参加人数・大人〇名・(参加される)子ども〇名

保育希望

保育ありの場合、保育のお子様のお名前と年齢

同行者(大人)のお名前、参加のお子様のお名前・年齢・性別

連絡事項・先生への質問等ございましたらどうぞ

内容をご確認の上チェックを入れてください

※ご記入いただいた個人情報は、お申込みの活動に関連した連絡にのみ使用いたします。

 

報告:ピースアクション2018折鶴活動

なのはな生協

組合員の皆様にご協力をお願いしておりました「ピースアクション2018折鶴活動」の鶴を纏める作業が完了いたしましたので、報告いたします。

26240羽の鶴が集まりました。

完成した折鶴は、長崎代表派遣時に手渡しでお届けする他、広島・長崎の各施設へ発送となります。

ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。