なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

エリア会活動

活動報告:大野エリア会

なのはな生協 大野エリア会

料理講習会「お家で作れるマクロビオティックとグルテンフリーのコラボレーション」

 

3月13日火曜日に、穏やかなお天気の中で市川の大野公民館にて、組合員でもあり、船橋にある「foo’s cafe檜気」のオーナー檜山扶佐子さんをお招きして、料理講習会「お家で作れるマクロビオティックとグルテンフリーのコラボレーション」を開催しました。13年前に初めてお招きしてから今回で4回目ですが、満員御礼となり遠方から参加してくださる方もいて、檜山さんの人気の強さを知りました♪

最近良く耳にするグルテンフリー。(小麦粉の中に入っているタンパク質のグルテンを含まない食によって腸内環境が改善し、美肌効果や体全体の不調が改善するというもの)尚且つ、檜山さんの素材を活かしココロとカラダの関係を考えながら、家庭で楽しく実践できる料理「和する食」と和薬膳」”をモットーとする檜山さんが、この為に考えて頂きました。なんとも贅沢なレシピ!!

 

玄米の研ぎ方や、圧力鍋で炊く時のコツを教えて頂だいたり、人参の切り方や炒める時間で味が変わっていくのを体験して、皆さん驚きと発見で「おおー!」と声が上がりました。

お料理を通して、みなさんが普段実践していて疑問に思うことを、ドンドンご質問頂いて、檜山さんのしっかりとした声と、簡潔で分かりやすいお答えする様子が、テンポよく進んでいって、なんとも心地のよい時間でもありました。

 

また心と身体の部分で檜山先生は、まず自分の身体の状態を知って、陰性・陽性の食べ物や、必要としている栄養素(食材)を取り入れること、便秘にも陰と陽があるそうです!どちらも有効なのは寒天だそうで、ここでみなさん一同にメモをとっていました。調理法もさることながら、目から鱗のようなお話がトントンと出てきて、思わず参加者の方から「今日はお得な講習会ですね!」とお声も。

 

作り終わってお料理を頂くと、それぞれの素材の味が際立って、引き立てあって、旨みたっぷり優しい味で、米粉マフィンもまわりはカリッと中はしっとり、アーモンドの香ばしさと旨みがギュッと詰まって、もう1つと手が出そうになるほどでした。なのはな生協の素材のよさが実感できるお料理ばかりで心も頭も大満足でした。

 

そんな大盛況の料理講習会で、アンケートからも是非2・3弾もやってほしいと嬉しいお言葉を頂きました。次回はまだ未定ですが、檜山さんの講習会を行う際は、是非、実感しにきてくださいね♪

 

活動報告:千葉中央エリア会

なのはな生協 千葉中央エリア会

『第3世界ショップ』生産者交流会

 

2月27日、なのはな本部にて、フェアトレードにてオーガニック商品等を取り扱っている『第3世界ショップ』と生産者交流会を行いました。
参加者はスタッフ・理事含め、21名。

講師は、(株)プレス・オールターナティブの守井さん。


第3世界ショップは、(株)プレス・オールターナティブの輸入・販売部門です。
創業者の片岡勝氏が1985年に北欧でフェアトレードに出会い、(株)プレス・オールターナティブを設立。
その翌年、フェアトレードを事業とする団体『第3世界ショップ』を立ち上げました。
『第3世界ショップ』という名前は、1955年のバンドン会議で米ソ連の冷戦下における『第三極としての第3世界』から名付けられたそうです。

一般的なフェアトレードは、発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に輸入・販売することで、生産者の生活向上を支援し、貧困問題の解決を目指す貿易の仕組みと言われています。
ですが、『第3世界ショップ』のフェアトレードは、発展途上国に限らず、生産者と直接対話する「顔の見える関係」を築き、栽培方法や制作過程を詳細に確認することはもちろんのこと、生産者の取り組みに共感することを大切にしており、より厚い信頼関係を構築した取引をしています。

なのはな生協でも取り扱いしています『カレーの壺』を考案したマリオさんのお話をしていただきました。
マリオさんはスリランカの生産者。
地域に雇用を生み出したい!良質なスパイスを広めたい!と1985年に5人で会社を設立。現在は従業員250人も抱える会社です。
『カレーの壺』は、日本に滞在していたことがあるマリオさんが、日本のカレールゥをヒントに、日本人の口に合うスパイスを厳選し、3年という月日をかけて商品化。

1瓶で22皿分作れ、18種類以上のスパイスやハーブ、香味野菜のうまみをぎゅっと閉じ込めたカレーペーストです。
化学調味料不使用、動物性食材不使用、小麦粉不使用なので、ベジタリアンやグルテンフリーをしている方も大丈夫です。
20分で簡単に本格スリランカカレーを作ることが出来ます。
このカレーペーストは、スパイスから長時間かけてカレーを作っていたスリランカでも、短時間でカレーを作れると大変喜ばれているそうです。

守井さんから教えていただいた簡単カレーのレシピです↓

簡単!基本のチキンカレーの作り方(4皿分)
【材料】
鶏肉500グラム
にんにく 2かけ
ショウガ 1かけ
カレーの壺 スパイシー大匙1~2
ココナツミルク2カップ
※代わりに、水、豆乳、牛乳などでもOK。その場合、水で煮込んでから、仕上げに豆乳などを加える。
【作り方】
1、 油でショウガとにんにくを炒める。
2、 鶏肉を加え、軽く炒める。
3、 カレーの壺を入れ、ペーストを鶏肉になじませる。
4、 ココナツミルクを加え、火が通るまで煮込む。
※カレーの壺は、辛さが三段階あります。お子様にはマイルドがお勧めです。

 

マリオさんは、常に地域の人々の発展を考え、従業員の福利厚生にも力を入れています。
これは日本に滞在していたことも大きく影響しているようです。
他にも農村開発プロジェクトRAPIDを立ち上げ、栽培技術や品質管理を学び、品質向上に努めることで品質の高いスパイスを生産できるようになりました。
安定した収入や環境に優しい栽培方法の習得はもちろん、なにより自分の手で発展をつかむチャンスを得たことで農家の誇りや自信を養い、自立を助けることに繋げていきました。
現在、長く続いた内戦の主要地域に新たな産業を作ることにも尽力されており、自分たちの子孫のことを考えて活動しています。

現在、『第3世界ショップ』は国内外を問わず、地域の困った!の声を地域の人たちと一緒に事業化することで問題解決する活動を『コミュニティトレード』として推進しています。
解決すべき問題は、貧困、環境破壊、地域の過疎化・高齢化、後継者難、伝統的な文化や技術喪失など、様々。日本の山口県などでも事業を行っています。
人々の誇りを何より大切に、喜んでもらうことや達成感、社会に役立つことを信念に活動している『第3世界ショップ』の今後のご活躍に注目です。

本日の試食はチョコレート5種と、カレーの壺を使ったチキンカレー、ウーロン茶を提供させていただきました。


すべて美味しく大変好評でした。
『第3世界ショップ』と異国の生産者の素晴らしい理念や取り組みと、フェアトレードについて知ることにより、参加者皆様より貴重な感想をいただきましたので、一部ご紹介
させていただきます。

≪参加者の声≫
・カレーの壺の使い方がわからなかったから今まで買わなかったけれど、とても簡単とわかり、使い勝手もよさそうなので、今後ぜひ購入したい。
・途上国の地域の発展や、商品開発秘話などについて知ることが出来てとても新鮮だった。
・マリオさんの温かい人柄やポリシー、長期目線がすばらしく、今後応援していきたい。
・マリオさんが、日本の震災時に商品を無償提供してくれた話に感激した。
・フェアトレードよりも一歩進んだ第3世界ショップさんの取り組みを知ることができた。
・第3世界ショップさんの経営理念が素晴らしく、今後応援していきたい。
・大量生産の時代から、質を求める時代へのシフトを、切に願う。

講師の守井さん、参加者のみなさま、本日はありがとうございました!!

千葉中央エリアでは一緒にエリア活動を盛り上げて下さるスタッフを大・大・大募集中です!!
参加するだけでなく企画を運営することで得られることもた~くさんです♪

 

活動報告:大網エリア会

なのはな生協 大網エリア会

『味噌を仕込もう!』

2月14日、あすみが丘プラザにて『味噌作り講習会』を開催しました。
今回で3回目になるこのエリア会の目的は、初回から変わらず、自家製味噌作りをみんなで学んで一緒に楽しく仕込むこと。
まだ自宅で自分一人で仕込む自信もない、子どもがいて集中して仕込む時間がとれない!という参加者の方が多い中、子どもを保育してもらいながら、味噌作りのベテランの方の指導を受け、皆でワイワイと楽しく味噌を仕込むこのエリア会は、年に一度の恒例行事となりつつあります。

今回は3回目ということもあり、家で大豆をゆでる下準備から、大豆のゆで加減、つぶし加減、麹と大豆を混ぜ合わせる温度等や手順が何となく頭に入っている参加者も多く、作業の進み具合が早かったです。


しかし全く初めての方もいたので、その都度丁寧に指導させていただきました。
皆さん、疑問があればスタッフに確認をとりながら、ひとつひとつの作業工程をしっかり大切に丁寧に味噌作りに取り組んでいらっしゃいました。
毎年恒例の昨年仕込んだ味噌の食べ比べも、種類が豊富、味わいも個性豊かで、興味深いものがありました。


非組合員の参加者も多かったので、試食は、素材の良さをしっかり感じていただける
なのはな生協のおすすめの商品を用意しました。

□たっぷりねぎと、創健社の中華だしでつくったぎょうざスープ
□中津ミートのウインナー
□秋川牧園のチキンナゲット
□共生食品の豆腐(醤油かポン酢をかけて)
□国産みかん果汁のゼリー
□びわの葉茶

【参加者の感想】
◆1人だと大変な作業なので大勢でワイワイできてたのしかった。
◆味噌の作り方を今まで全く知らなかったので、教えてもらえてよかった。
◆昨年よりうまくできた気がする。
◆親切丁寧に教えていただきありがとうございました。

1回目から続けて参加の方に、小さいお子さんを連れた非組合員が多く、毎年、この自家製味噌作りを楽しみにしてくださっているようでした。
ですから、自家製味噌作りを通して、安全安心で良質な素材から手作りすることの大切さなどを実感してもらって、本当の美味しさに気づくきっかけになればという思いもあり、このエリア会へお誘いしていました。
しかし、味噌作りに興味はあっても、なのはな生協への加入の意思がないことが今回のアンケートからわかり、これからのエリア会の在り方を考えさせられる機会になりました。
安心安全な食材を手にできる価値の尊さや、なにより安心して美味しいものを食し、健康に生きる当り前の暮らしを自分たち一人一人の食の選択で守り支えることの大切さを、エリア会を通して、様々な方に自然に楽しく実感し実践してもらえるように、より一層がんばりたいです。

 

活動報告:おゆみ野エリア会

なのはな生協 おゆみ野エリア会

 

「アロマ蒸留水講座」

2月16日(金)鎌取コミュニティセンターにて “香りを食べる” アロマ蒸留水の講座を開催しました。
二年前に発足したばかりの「日本アロマ蒸留協会」のキッチン蒸留の講座で日本ではまだ知る人ぞ知る内容。
参加者の多くは“香りを食べる”って何だろう?と関心を持たれた方でした。

そんな参加者様にまず最初に振舞われたのが、ウエルカムドリンク「コーヒー蒸留水(ATRウォーター)」

見た目は、透明の水なのですがコーヒーの香りがら愉しめます。
このお水のことを【ATRウォーター】とよび、ノンカロリーの香りのお水でカフェインは含まれません。

コーヒー中毒の人もコーヒーが苦手な人も美味しいと満足できました。


ウエルカムドリンクで心を掴まれ、講師の浅見さんのお話がはじまります。

イランでは冷蔵庫に蒸留水が常備されてること
日本ではお墓にお酒をかけますが、イランでは蒸留水をかけること
イラン大使館ではATRを使ったお料理教室が開かれていること

何もかもが初めて聞く話に皆さんのペンが走ります。

いざ! 蒸留の実演
今回は、しょうがとりんごを蒸留します。

30分の蒸留で100ccの【ATRウォーター】が取れます。
この時のしょうがが【アフターATR】
その下にたまった水が【ATRストック】


一度の上流で上記の三種が取れます

【ATRウォーター】ノンカロリーの香り高いお水
【アフターATR】蒸留する素材そのもの
【ATRストック】うまみがたっぷりつまったスープ

これら三種すべてをつかって、調理をします。

・グリーンサラダ <生姜のアートゥルウォータードレッシング>
急遽、バジルの【ATRウォーター】を使ってドレッシングに

・生姜とあおさのスープ
【ATRストック】にアオサをたっぷり入れてスープに

・三種のタルティーヌ
アボカドのパテを実習してもらいました。
【ATRウォーター】は、ミント・パイナップル・ローズマリーから選んでもらって混ぜます。
大さじ一杯の【ATRウォーター】で、しっかりと味がかわることに驚きました。

・りんごのソテー <シナモンバター風味>
【アフターATR】をつかったりんごのソテー
はちみつやシナモンパウダー、アイスなんかも添えると抜群な美味しさになるとのことでした。

・りんごの香りのお楽しみドリンク
甘酒をりんごの【ATRストック】で割ります。
とても飲みやすく、どちらの素材も生きていました。


試食をしながら続く先生のおはなし

化粧品やペットや介護や医療の現場での活用など、まだまだこれから発展途上であるキッチン蒸留

食にまつわる話、なのはな生協組合員でもある先生のおすすめの食材
参加者様のおすすめの食材などの話題とともに、和気あいあいとした試食タイムとなりました。

参加者様の感想を抜粋します。
・香りの奥深さや楽しさ、美味しさを体験することが出来参加して良かった。
・はじめてのことばかりで驚きがたくさんだった。
・色々衝撃過ぎて。きっと脳もびっくりしていそう。
・香りがいいと幸せになるなぁと思った。
・想像とはいい意味で全く違い、まだまだ知らないことがあるんだと思った。
・子どもたちにジュースを与えてないがアロマウォーターなら栄養もあり、取り入れようと思った。
・コーヒーは驚いた。しかもノンカフェインなんて!
・アロマの香りだけでなく食事にも取り入れられるのに驚いた。
・水なのに味や香りがするのがとても不思議な感覚でした。

驚きと感動にあふれる “香りを食べる” アロマ蒸留水の講座となりました。

 

活動報告:船橋中央エリア会

なのはな生協 船橋中央エリア会

 「食卓を華やかに!ワンランクアップメニュー!」

 

2月20日㈫船橋中央公民館にて船橋中央エリア会「食卓を華やかに!ワンランクアップメニュー!」を組合員16名、非組合員2名の合計18名で開催しました。

季節のイベントやパーティー、毎日の食事やお弁当にも使える簡単な飾り切りを取り入れたメニューをスタッフによるデモンストレーションの後に皆さんで作っていきました。

まずはチラシの写真にあった「バラのアップルパイ」から。
りんごはスタッフが予め砂糖と水で煮ましたが、より手軽にするなら電子レンジでの加熱でも作れますし、シナモンやバターを入れれば風味もアップ。
パイシートを伸ばして細長く切ったら煮りんごを重ねて置き、クルクル巻いて焼くだけ。
とっても簡単なのに、女子力の高い一品になりました。
オーブンシートにお名前を記入し焼いたので、ご自身で作った愛着のあるアップルパイをご賞味いただけました。

今日はりんごがふじでしたが、紅玉だと焼いたあとも赤みが残り更に可愛らしいので是非お試し頂きたいです。

二つ目は「ピーマンとサーモンのお花畑サラダ」
サーモンは巻くだけなので誰でも気軽にお花が作れます。
ピーマンのチューリップは種を雄しべと雌しべに見立て立体的に。皆さん真剣ですね!

最難関の人参の蝶は、全員がスタッフの北原さんの手元に集中!前にある図を見に来る方、「難しい~」と声を上げる方が多数でした。

ご自宅でゆっくり練習してマスターしていただけたらと思います。

三つ目は「ちょうちょが舞うコンソメスープ」
型抜きを使わずにサラダとは別の平面タイプの蝶をカッティングし、スープに浮かべました。ポークソーセージは簡単に型抜きを利用。クズ野菜は細かく刻んでスープに入れて色どりに。

最後はケーキ2種に添えるいちごを2種類。ハートとバラを飾り切りし、粉糖をまぶしたら完成!

出来上がったメニューをカッティングボードやレースペーパーを使ってセッティングすると更におしゃれに。流行りのインスタ映え!?する仕上がりになったのではとスタッフ一同自画自賛してしまいました。

アンケートでは「勉強になったので家でチャレンジしたい」「春らしいメニューで気持ちが上がった」等のお声をいただき励みになりました。

 

活動報告:東京エリア会

なのはな生協 東京エリア会

「なのはな生協試食会」

 

2月8日(木)、江戸川区の小松川さくらホールにて、「なのはな生協試食会」を開催しました。

メニュー
・食パン
・はちみつバター
・水菜とサニーレタスのサラダ、野菜とゴマドレッシング
・チキンナゲット
・飲むヨーグルト
・ミニたいやき
・大根と長ネギのポタージュ
・豆腐とバナナのココアムース

スタッフおすすめの商品を紹介したり、参加者さんからアレンジ方法を教えていただいたりしました。

また、理事の神田さんから、生協とスーパーの商品の違いも教えていただき、生協商品の良さを改めて感じていただけたのではないかと思います。

参加者さんからは、
・普段購入しないものを試すことができてよかった
・スープは野菜の美味しさがわかる優し い味でした
・ココアムースはとても美味しく、家でも作ってみたいです
・どれも美味しかったので次回注文してみます
などのお声をいただきました。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
また来年度も、みなさんが楽しめるイベントを企画していきたいと思っています。
ご参加お待ちしています!

 

活動報告:真間・国分エリア会

なのはな生協 真間・国分エリア会

「ワインと楽しむ野菜料理」

 

2月6日 市川男女共同参画センターにて、真間・国分エリア会「ワインと楽しむ野菜料理」を行いました。

 

メニューは

 ☆ケーキ寿司
☆ベジバーニャカウダ
☆にんじんポタージュ
☆ラムココアムース
☆チェダーチーズ
☆チキンナゲット

 でした。

 

どのメニューも簡単にでき、ワインに合うメニューでした。

 

参加者の方にお1人ずつ感想を言っていただいたり、おすすめ商品などを教えていただいたりと、とても楽しくおいしい時間となりました。

 

来年度もおいしく楽しい企画をして いきたいと思っております。

ぜひ、ご参加ください♪

 

大野エリア会2018/3/13

なのはな生協 大野エリア会

 

今回の講師は「ココロとカラダの関係を考えながら、家庭で楽しく実践できる料理「和する食」と「和薬膳」を提案」してくださります、大野エリア会ではお馴染みのカフェ「檜(ひの)気(き)」のオーナー檜山扶佐子さん♪
素材を生かした調理法など、講習会は毎回大好評です♪
今回はグルテンフリーの米粉マフィンも作ります!
自然の恵みを丸ごといただく食事で、体の調子を整え、免疫力を高めていきましょう。

日 時:3月13日(火)10時~13時
会 場:大野公民館 調理室
参加費:500円(組合員以外の方も同じ)
保 育:1人200円
定 員:16名
持ち物:エプロン、三角巾、ふきん、台ふきん
締 切:3月2日(金)締切後は電話でお問合せ下さい

 

メニュー
けんちん丼
カラフルスープ♪
切り干し大根と海藻のサラダ
米粉のマフィン

 

☺応募者多数の場合は抽選になります。連絡がない場合はそのままご参加ください。

お問い合わせ☎0120-910-871 ☎043-216-7087 涌井(わくい)

❝You are what You eat❞  あなたは、あなたが食べたものでできている

 

 

 

 

豊洲エリア会2018/3/2

なのはな生協 豊洲エリア会

 

日本古来の季節の伝統行事を、食を通じて感じませんか。
食材の比較をしながら桃の節句の料理を一緒に味わいましょう。

○ちらし寿司とハマグリのお吸い物のデモンストレーション
○蔵の素と市販品料理酒との飲み比べ
○甘酒飲み比べ
○スタッフおすすめ商品の紹介&試食

【日 時】:2018年3月2日(金)10:30〜12:30 (10:15受付開始)
【場 所】:ロイヤルパークス豊洲パーティルーム(江東区豊洲3-5-21)
【参加費】:無料
【保 育】:1名200円 *同室での保育です。
【締 切】:2018年2月23日(金)
【定 員】:12名 (申込多数の場合は抽選となり、落選の方のみ連絡いたします。)

●お問い合わせ なのはな生協/涌井☎0120-910-871 ☎043-216-7087

 

 

 

 

千葉中央エリア会2018/2/27

なのはな生協 千葉中央工リア会

「カレーの壺」でおなじみ!生産者と「顔の見える関係」を 大切に自然の力を重視した原材料、製法にこだわった フェアトレード、オーガニック商品を取り扱っている 『第3世界ショップ』さんをお招きして、カレーの壺や その他の商品の生産者、生産現場のお話を伺います。
少しずつですが、試食を用意しています。
試食をしながら遠く離れた生産者さんに想いをはせてみませんか?

試食
ココナッツチキンカレー
チョコレート・チョコレート菓子5種類
緑茶くるみ
林(りん)農園ウーロン茶
1粒100円の
「ラ・トリュフ」も試食あり♪

●日 時:平成30年2月27日(火)10:15~12:00(受付10:00~)

●場 所:なのはな生協本部2F大会議室千葉市稲毛区長沼原町678-2(駐車場あり)

●講 師:(株)プレス・オールターナティブ 守井さん

●定 員:15名 ※申し込み多数の場合は抽選となります連絡のない場合は直接お越しください。

●参加費:200円(非組合員も同額)

●保 育:200円

●持ち物:筆記用具・マイカップ・マイスプーン

●お問い合わせ: ☎0120-910-871  ☎043-216-7087(担当:涌井)

●申し込み締切:平成30年2月20日(火)