なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

商品基準
なのはな生協 商品基準

1.農産物(野菜・果物・米)

国産を基本としています。

化学合成農薬・化学肥料に頼らない栽培方法です。

除草剤は使用しません。(一部例外あり)

収穫後の農薬使用・放射線照射・漂白処理は行いません。

遺伝子組み換え技術による種子・苗は使用しません。

 

2.畜産品

生産者、生産地、飼料、飼育方法が明確な物を取り扱っています。

抗生物質などの薬剤になるべく頼らずに飼育しています。

飼料に使用するとうもろこしはポストハーベストフリー、非遺伝子組み換えのものを使用し、大豆についても非遺伝子組み換えのものを使用しています。(育成期は除く)

 

3.水産品

産地・水揚げ港・加工場が明確です。

不必要な合成添加物は使用していません。

 

4.加工品

主原料は国産品を使用することを基本にしています。

不必要な添加物は使用していません。

 

5.雑貨

合成界面活性剤は使用しません。

人と環境にやさしい物を基本としています。

 

なのはな生協の放射性セシウム基準値はこちらをご覧ください。

 

------------------

 

食品添加物って…?

 

1)食品添加物って何・・・?

・食品を大量に製造、加工、保存するために使うものです。

・食品は本来、食品原料のみから作られるべきですが、食品原料だけの場合、製造加工がしにくかったり、保存性や色が悪いなど、加工業者や流通業者にとって都合のよくない面が多々あり、そこで使われるようになったのが、食品添加物です。

・食品添加物には、石油製品などを原料として化学合成された合成添加物と、天然に依存する植物、海藻、昆虫、細菌、鉱物などから特定の成分を抽出した天然添加物とがあります。

 

2)どうしてよくないの・・・?

・食品添加物は、本来食品ではありません。特に合成添加物は、石油製品から作られることが多く、その毒性、発ガン性、催奇形性等が強く疑われるものがたくさんあります。

・合成添加物に比べて自然の素材が原料となる天然添加物の方が、なんとなく安全なイメ-ジを持ってしまいますが、決してそうではありません。天然添加物は、安全性のテストをする必要がないので、身体にどのよう影響があるかわからないものが多いのです。

 

3)食べ合わせでは・・・?

・亜硝酸ナトリウムは、タラ科の魚に多いジメチルアミンと反応して、強い発ガン物質ニトロソアミンをつくる他、肉のすじに多いプロリン、保存料のソルビン酸やパラオオキシ安息香酸、酸化防止剤BHT、調味料のグリシンと一定の条件下で反応して発ガン性物質や毒物をつくります。あらゆる物質においても、さまざまな反応がなされ立証されていないものは、数多く存在しています。

------------------

こんなに違います!

なのはな生協の商品と市販品

 

>>こだわりの食材トップへ