なのはな生活協同組合

組合員の皆様へ

「こども・若者未来基金」へのご協力のお願い
(NPO法人)ちばこどもおうえんだんの「こども・若者未来基金」の趣旨に賛同した、県内3つの生協(生活協同組合パルシステム千葉・なのはな生活協同組合・生活クラブ生活協同組合)が、同じ時期に、寄付募集統一キャンペーンを行っています。

虐待や親の病気などが理由で、児童養護施設や里親家庭等で暮らす社会的養護が必要な子どもたちは、原則として18歳になると自立が求められます。
しかし、18歳になったからといって、頼れる家族がいない、という問題が解決するわけではありません。
進学や就職などで退所したあと孤立するケースも多く、継続した支援が必要です。
「こども・若者未来基金」はそんな子どもたちに寄り添いたいと、2016年度に設立し、今年5年目を迎えます。
2017年度から2020年度までに、約3,800万円の寄付が集まり、87件、64名の若者を支援することができました。
(助成内容ついては、下記をご覧ください)ご寄付をしていただいた皆様には、心よりお礼申し上げます。
コロナウイルス感染拡大が長期化する今、社会的養護の下で育った若者の中にも仕事やアルバイトがなくなったり、減ったりしている人が多く、さらに困難な状況に置かれています。

一人でも多くの若者たちを応援できるよう、皆様のご協力をお願いいたします。

社会的養護下に暮らす子ども・若者の自立への支援は、民間を中心に少しずつではありますが整備されようとしています。
しかし多くの子ども・若者の自立には困難がついて回ります。「こども・若者未来基金」は、社会的養護下に暮らす子どもたちに寄り添い、『いったんは挫折しても再チャレンジしたい』、そんな子どもたちの多様な自立を伴走者と共に応援します。
今年度も、新型コロナウイルスの影響により仕事やアルバイトがなくなったり、減ったりという状況に、多くの子どもたちが置かれています。
少しでも多くの子ども・若者を応援していきたいと思っておりますので、ご支援ご協力をお願いします。

募金方法

※注文用紙またはインターネット注文時に下記の6ケタ番号と口数をご記入してください。
募金番号:010009  1口金額:100円
募金番号:010010  1口金額:1,000円
受付期間 11月7日(月)~12月3日(土)まで
※この募金は税額控除対象の寄付金ではありません。

問合せ:043-216-7087 または 0120-910-871
Mail:event@nanohana-coop.or.jp
なのはな生協  組合員活動室 担当 大和田

税額控除対象寄付は、ちばこどもおうえんだんへ直接、寄付をお願いします。
寄付控除が使えます。(確定申告が必要です)
ご希望の方は、ちばこどもおうえんだんまで、お問い合わせください。
直接、寄付していただく方法をご案内します。

【お問い合わせ先】(月~金10~16時)
認定NPO法人ちばこどもおうえんだん
〒263-0051 千葉市稲毛区園生町1107-7  
TEL/FAX:043-205-4046
メールアドレス
chiba.kodomo_ohendan@fuga.ocn.ne.jp

社会的養護で育った子ども・若者の自立を、伴走者ごとおうえんします!

助成を受けた人・伴走者の声  ( )内助成年度 ●助成したメニュー

*本人Aさん2021年度)

●まなびサポート
大学の勉強は難しいですが、大学でできた友だちと外へ遊びに行き、気分転換ができています。良い友だちばかりでケンカもせず、仲良くしています。毎日健康で、とても充実した生活を送らせていただいています。困っていることも特にありません。ありがとうございます。

Aさん伴走者Eさん
朝なかなか起きてこないこともありますが、希望の大学へ進学し、学業、アルバイト、サークルと毎日忙しくしています。
無理をしない程度に頑張ってほしいし、これからも見守っていきたいです。

*本人Bさん2021年度)

●資格サポート
(子ども・若者未来基金により、普通自動車免許の取得)
取得した免許を仕事などで活かしたいです。免許合宿は楽しく、良い思い出となりました。

*本人Cさん2019年度) 

●まなびサポート
基金には本当に助けられたと思っています。この気持ちを、後輩たちにも感じてほしいです。
そのためにも継続してもらいたいと思います。

*本人Dさん2021年度)

●つなぎサポート、くらしサポート、くらしスタート、まなびサポート
体調に気をつけながら大学に行き、バイトをしています。
お金の管理も上手く出来ています。
自分から声をかけ、同じ目標を持っている人と仲良くなり、先輩たちとも良好な関係を築いています。

Dさん伴走者Gさん
大学生になり、身なりも小綺麗にしており、また一歩成長したと感じます。
大学での授業や課題は大変そうですが、充実した時間を過ごしているようです。
元気そうな様子で、大学での委員活動やボランティアにも積極的に参加しています。
一人暮らしにも慣れてきています。

伴走者Fさん2017年度)

●まなびサポート
数多くある退所者支援の助成金の中でも、これだけ柔軟に社会的養護の子ども達のためにご活動されている団体も基金もありません。
今後とも、是非活動を続けていただきたいです。

給付決定額

【通常メニュー】生協組合員のみなさんからの寄付は、通常メニューの原資となっています。

 内容件数金額(円)
くらしスタート1人暮らしを始めるに当たっての必要な資金援助・住宅資金、家財購入396,750,840
くらしサポート進学した子どもの月々の生活の援助3227,972,000
資格サポート資格取得に必要な資金の援助92,350,000
まなびサポート入学金や授業料等の援助326,740,000
途中も緊急もサポート緊急資金援助(2020年度より「緊急サポートSOS」に変更)3300,000
入学金つなぎサポート他の奨学金からの借入金が支払われるまで、入学金等の仮払い52,500,000

【緊急メニュー】2019年度に受けた遺贈を原資により2020年度よりスタート

緊急サポートSOS自立後の急な生活の変化や病気などによる、緊急資金援助8800,000