なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

原発被害の実態に即した的確な判決を求めるハガキ行動

原発被害の実態に即した的確な判決を求めるハガキ行動

なのはな生協

責任と被害に向きあった判決を!!
千葉地方裁判所裁判長へ
原発被害の実態に即した的確な判決を求めるハガキ行動

原発事故はまだ終わってはいない

東京電力福島第一原子力発電所の事故から7年5ヶ月が過ぎました。
福島県から県外に避難されている方は、2018年5月時点で全国33,791人うち千葉県に2,301人(復興庁データ)と帰還はすすんでいるとは言えません。
避難解除された町でも、多くの地域で放射線量の高い場所があり、商店や病院などほとんどなく、人が住める環境ではありません。

第2陣訴訟は8月30日に最終弁論、2019年の春に判決の予定です。
原告とその家族は、「国と東京電力の責任、避難する権利を認め、被害に向きあう」と命ずる判決をと訴えています。
私たちは、東京電力福島第一原発被害千葉集団訴訟第2陣において、原告の声に耳を傾け、充分な損害賠償と放射能汚染の不安から避難する権利を認め、前代未聞の甚大な原発被害の実態に即した的確な判決を出されることを切望いたします。

なのはな生協では的確で公正な判決を求める要請のハガキ行動を行います。
組合員の皆様のご協力をお願いします。
宛先(千葉地方裁判所 高瀬裁判長)と要請書を印刷した官製はがきを販売します。
価格62円です。要請書にご自分の氏名と「ひとこと」を書き添えて投函してください。
このハガキはお一人様何枚でもご購入できます。
ご家族、知人、友人など活動の輪を広げていただければ幸いです。

 

はがき注文方法
9月1回と2回、6桁記入欄で承ります
注文番号 010090
1枚 62円
(お一人様何枚でも結構です)
10月末日までに投函してください。

 

« »