なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

千葉県から一番近い原発を視察:東海第二原発

千葉県から一番近い原発を視察:東海第二原発

なのはな生協

東海第二原発視察 参加者募集
千葉県から一番近い原発を視察

まさに首都圏にある原子力発電所!

茨城県の東海村にある東海第二原発は1978年に運転を開始し、今年11月に使用期限の40年を迎える日本で最も古い原発です。
30㎞圏内に水戸市があり、96万人が暮らしています。
栃木県まで50㎞、千葉県まで80㎞、東京までわずか110㎞であり、まさに首都圏の原発である事が分かります。
福島原発事故を考えれば3000万人が生活している首都圏ではより一層避難が困難なのはあきらかです。

 

東海第二原発の再稼働と20年延長?

東海第二原発は福島第一原発と同型の沸騰水型原発であり、東日本大震災で被災、損傷し、冷温停止するまでに3日半もかかりました。
震災以降7年以上も稼働していないだけでなく使用開始から40年が経過した老朽原発で、再稼働となれば不測の事態が起こる可能性が高いと言われています。
しかし原子力規制委員会は再稼働「許可」に前のめりで、規制基準適合性許可(合格証)、20年運転延長認可を下ろそうとしています。
そのほかにも東海村には第二原発だけではなく、再処理工場などの関連施設が多数存在しています。
中でも「東海再処理工場」の高レベル廃液は、事故により汚染が広がれば同時複合災害の危険性もあります。
その現状を実際に皆さまの目で確かめていただければと思います。
※募集人数10名(最少催行人数は5名です。)

参加費:無料

視察日:926日(水)
「東海第二原発の現状(危険性)を知る」当日スケジュール
08:00 千葉駅北口、西船橋駅南口出発(申込時にいずれかを選択)
10:00  JCO(住友金属・1999年 臨界事故が発生)
10:15  現地報告 大石光伸氏(運転差し止め訴訟の原告団代表)
11:10  東海第二原発視察(東海テラパークにて)
11:40  原子力科学研究所
11:50  核燃料サイクル工学研究所
12:15  友部SA(昼食は各自でおとりいただきます。)
15:00  千葉駅北口または西船橋駅南口着
※道路事情等により、訪問場所や時間が変更になる場合があります。

申し込み締め切り:9月14日(金)

◆問い合わせ 0120-910-871 043-216-7087  担当:涌井

※募集人数10名(最少催行人数は5名です)

 

 

 

« »