なのはな生協

食の安全・安心にトコトンこだわった生協です

お問い合わせ

福島支援~つながるこころ~

カードとオーナメント

郡山市のなごみ保育園・梅の木保育園の園児たちが作ったオーナメントをたくさんいただきました。

 

カード

クリスマス訪問

なのはな生協 福島の保育園に野菜を届ける活動

なのはな・堀越のWサンタに大喜び

12月18日、郡山市にある「なごみ保育園」と「梅の木保育園」にクリスマスプレゼントを持って訪問しました。
今年はサプライズで、生協の生産者である「三里塚微生物農法酵素の会」の堀越一仁さんと一緒に行きました。
堀越さんは保育園に野菜を届ける活動に協力していただいており、昨年から保育園の子を千葉に招待した時の収穫体験にも協力していただきました。
保育園の子ども達とは顔馴染み、堀越ファンが多数おり、訪問の運びとなりました。


最初の訪問先である「なごみ保育園」では、サンタとトナカイに扮した生協陣営を見るなり、園児から「サンタが来た!」「トナカイも!」と大歓声で迎えられました。


園児全員にプレゼントを配って、記念写真撮影をしました。


園長先生からは「だんだんと園児の数も増え、保育園も活気がでてきました。
うちの子たちは良く食べるので生協の野菜も足りなくなりそうです」という嬉しい言葉を聞き、野菜の追加を決定しました。
また「完全に元に戻ることはむずかしいかもしれませんが、徐々にですが震災前に近づいてきているような感じはします」ともおっしゃっていました。
次に「梅の木保育園」に向かいます。
着いたとたんサンタよりも堀越さんに釘付けで「堀越さんが来た!」「成田のおじさんが来た!」と大歓声。


年長の子ども達とは5か月ぶりの再会です。
その人柄か、子ども達が堀越さんを輪になって囲み、サンタとトナカイはちょっとだけ寂しい思いに。


園長先生は「食べるものはすべて検査するなど震災前にはなかなか戻りませんが、子どもは元気に暮らしています。
保育園でも子どもの安全を中心に運営しています」と話されます。

その傍らでは堀越さんと子ども達が旧交を温めるがごとく、一緒に遊んでいました。

両保育園からは、「なのはな生協の活動とそれを支える組合員さんの善意に感謝しています。
多くの父兄からも感謝の言葉をもらっています。
子ども達は震災後いろいろな人達の善意に支えられました。
『この善意を忘れず育ち、次世代に繫げて下さい』と話しています」とお礼の言葉をいただきました。
震災から間もなく5年になろうとしていますが、原発事故は今も収束していません。
11万人の人が未だに自宅へ戻れずに苛酷な避難生活を送っています。
にもかかわらず補償を打ち切り、年間20m㏜の場所に帰還させようとしています。
家族の安全のための様々な努力を無にするような政策には怒りさえ覚えます。
なのはな生協が震災以降に野菜を届けている2つの保育園では、厳しい状況の中、園児が健やかに育つために様々の取組みをしてきました。
私たちはこの支援が「福島を孤立させない」「原発事故を風化させない」「原発被害を他人事としない」、ひいては脱原発につながると考えております。
今後もこの活動を継続してまいります。

福島こども支援募金のお願い
保育園訪問や毎週野菜を届ける活動の継続のため、引き続きご協力をお願い致します
福島こども支援募金
000888  1口  100円
※お一人様何口でも結構です。

福島の子ども達にクリスマスプレゼントを

なのはな生協
福島子ども支援募金

福島の子ども達にクリスマスプレゼントを

 

日頃より、生協の活動にご協力いただき、ありがとうございます。
生協では原発事故以降、組合員、生産者の皆様に協力していただきながら福島県郡山市の「なごみ保育園」「梅の木保育園」に毎週野菜を届けています。
そして、年に数回、保育園を訪問し交流をしています。
今年は7月に年長さん13名と先生5名を千葉に招待し、スイカや空芯菜などの収穫体験をしました。
保育園では未だに思う存分に土いじりがさせられない状況が続いている中で、
土に思いっきり触れ、笑顔で歓声を上げながら楽しんでいる園児たちの姿にこちらの方が元気をもらいました。

園児から「楽しかったよ~」「福島に遊びに来てね!」との言葉を、先生からは「おかげで子ども達は元気に暮らしています。
なのはな生協さんとは原発事故が繋いだ絆ですが、この絆をいつまでも大切にしたい」と感謝の言葉をいただいています。

昨年の様子

毎年恒例のクリスマス訪問を今年もします
今年も12月に福島の2つの保育園に訪問しクリスマスプレゼントを届けにいきます。
プレゼントはもちろん生協のお菓子。
園児のみんなもサンタとトナカイが来るのを楽しみにしています。


2011年から始まった福島の子どもたちへの支援募金は
毎週野菜を届ける活動やクリスマス訪問、千葉へ招待するために使わせていただいております。
なのはな生協では、この活動を今後も継続したいと考えています。

組合員の皆様のご協力をお願い致します
現在、福島こども支援募金の残金は17万112円となりました。
保育園訪問や毎週野菜を届ける活動の継続のため、引き続き皆様のご協力をお願い致します。

福島こども支援募金(通年受付)
000888 1口  100円
※お一人様何口でも結構です。
よろしくお願いいたします。

園長先生からのお手紙

なのはな生協

梅の木保育園の秋元園長先生からお礼のお手紙が届きましたので、紹介します。

 

 

はじめに、なのはな生活協同組合組合員の皆様、職員の皆様に厚く御礼申し上げます。

また、三里塚微生物農法 酵素の会 堀越様をはじめとする皆様におかれましては、暑さのことを最後まで心配され、多大なるご配慮をいただき、本当にありがとうございました。

昨年に引き続き、今年も皆様のご厚意により、園児たちも職員も大変貴重で楽しい体験をさせて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

航空科学博物館の見学や、成田山への参拝、さくらの山公園での飛行機見学など、なかなか出来ない体験をさせていただいた中で、一番園児たちの目が輝き、いきいきと活動していたのは、やはり『畑での収穫』でした。

大きなスイカや野菜の収穫体験に、「暑い」「お水飲みたい」と言っていた園児たちは、暑さも忘れるほど熱心に夢中で収穫していました。

その顔には『楽しい』『もっとやりたい』と大きく書いてあるかのようでした。

また、広く大きな畑の土の感触を体いっぱいに感じながらどの園児も歓声を上げ、楽しく遊ばせていただきました。

ほとんどが初めての経験だったと思います。

自分で収穫し、採れたての野菜をおいしく頂くことは、子どもたちの心を豊に成長させる大切な体験になると思っています。

自園でも畑で野菜の栽培が出来るようになりましたが、野菜を収穫しても、必ず一度は放射線検査をして安全を確かめてから初めて食べる状況です。

四年前、まさかこのような状況になるとは思ってもいませんでした。

ご縁があり、今回も千葉県まで招待していただき、福島県ではできない体験をさせていただくことは、とても幸せなことだと思っております。園児とその家族、職員共々、皆様が福島の子どもたちのことを熱心に考え、取り組んでくださることに感謝致します。

未来を担うこの子どもたちが、素直で明るく健やかに成長していけるよう、皆様の思いを胸に、今、私たちが出来るできることを一生懸命していこうと改めて思いました。

残暑が厳しいですが、ご自愛ください。皆様のご多幸とご健勝をお祈りいたします。

 

 

アルバムも届きました。

 

 

報告:福島の子ども達を千葉へ

なのはな生協 福島子ども支援

福島の子ども達を千葉へ

『千葉の土にとことん親しんで』

7月30日~31日、昨年に続き今年も組合員の皆様と三里塚微生物農法酵素の会の協力のもと、梅の木保育園の年長さん13名と先生5名を千葉へ招待することができました。

1日目、11時30分に航空科学博物館に元気な姿で到着。

実際のジャンボジェットのコクッピットに座っての記念写真や、外にある飛行機に試乗するなど大忙し。

暑さをものともせず走り回っていました。

宿泊は成田山新勝寺のすぐ近くの旅館です。夜はぐっすり眠った園児たち、翌朝は「朝の運動 縄跳び」を元気にこなし、

その後新勝寺境内を散歩中、新勝寺の大僧正様に1人ずつお数珠を額にあてていただけるというラッキーな出来事がありました。

三里塚微生物農法酵素の会の畑に場所を移し、メインイベントの収穫体験。

生まれて初めて収穫するスイカの重さ、大きさに歓声が上がります。

スイカの後は生協でもお馴染みの空心菜の収穫体験。園児でも簡単に収穫できるとあってあっという間に箱がいっぱいになります。

最後にブルーベリーの収穫です。

ブルーベリーの木を初めて見る子が多く、堀越さんの説明を聞いてから始めることに。採りたてブルーベリーをそのまま口にしている子も見受けられました。

収穫体験が終わり、昨年好評だった『宝さがしゲーム』です。

土の中に埋まっているボールを手で掘りながら探しましたが、あと1個見つからない。

お約束事のように歓声の中を堀越さん運転の重機が登場。土を掘り返し残り1個も見つかりました。

行程の最後はさくらの山公園で頭上を飛んでいる飛行機を見ます。

飛んでいる飛行機をバックに集合写真を撮りました。

別れ際、園長先生から「貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。いい思い出になります」とお言葉をいただきました。園児からは「福島に遊びきてね」「楽しかったよ」と嬉しい言葉が。

再会の約束をし、バスが見えなくなるまで手を振りました。

原発事故が繫いだ絆ですが、この絆を大事にしなければいけないとあらためて感じました。

 

福島子ども支援サポーター募集

なのはな生協

福島子ども支援
サポーター募集

福島の梅の木保育園から子どもたちを迎えて、原発事故の影響により地元ではなかなかできない体験を楽しんでいただきます。
成田の三里塚微生物農法酵素の会会長堀越氏(野菜の生産者)の協力を得て、畑にて野菜の収穫体験を行います。
子どもたちや先生をお迎えするためのサポ-タ-を組合員の皆様から募ります。
福島の元気な子どもたちと畑で一緒に過ごしませんか。

実施日:7月31日(金)

場 所:堀越さんの農場
(三里塚微生物農法酵素の会)成田市大清水

締 切:7月24日

内 容:現地での歓迎のセレモ二-準備や園児の見守りなど。

■自家用車の他、公共交通機関利用でも参加できます。

☆参加者には、後日詳しいアクセス案内をお届けします。
☆問い合わせ 0120-910-871 または043-216-7087(わくい)
☆申込みの際は自家用車・バスのいずれかをお知らせください。

 

【福島子ども支援募金】

毎週、野菜や果物を届ける活動を継続しています。
福島子ども支援募金のご協力お願いします。

6ケタ記入番号 000888
一口100円・お一人様何口でも結構です。

福島の子どもたちを千葉へ:今年も計画進行中

5月1日 今年も福島の子どもたちを千葉へ招待する計画が進行中です。今年は7月に2つの保育園が合同で来る予定となりました。

本日は宿泊所や日程の調整を行うために成田へ

今年もご協力いただく、三里塚微生物農法酵素の会の堀越さん。(左)

「空の駅さくら館」の美化作業中でした。

横のさくらの山公園は飛行機を見に来た人々でにぎわっていました。

園児たちの歓声が今からとても楽しみです。

宿泊所は成田山新勝寺に隣接する「若松本店」。昨年の園児たちの笑顔をたくさん思い出しました。

 

引き続き、組合員の皆様にはご協力をお願い申し上げます。

注文番号【000888】 福島子ども支援募金 1口100円

注文書に6桁番号を記入し口数をお書き下さい。 何口でも結構です。

よろしくお願いします。

福島の子どもたちを千葉へ~子どもたちに収穫体験を~

福島の子どもたちを千葉へ

子ども達に収穫体験を…

日頃より生協の活動にご協力いただき、ありがとうございます。原発事故以降、なのはな生協では、組合員、生産者の皆様に協力していただきながら「なごみ保育園」「梅の木保育園」に毎週野菜を届けています。年に数回、保育園を訪問し近況を聞いています。

未だに外遊びは、不安を感じながら行っていると聞きました。2つの保育園とも震災前は自然に親しみ、野菜の収穫体験をしていましたが4年経過した現在もできずにいます。「外遊びのルールがわからずに戸惑っている子や極端に汚れるのを嫌がる子どもが増えているように感じる」と先生方がおっしゃっていたのが印象的でした。

昨年、生産者と組合員さんの協力を得て、園児と先生を千葉に招待し、さつま芋や落花生の収穫を楽しんでいただきました。

最初、芋ほりのやり方がわからなかった園児も次第に「大きな芋とれたよ~」「こっちの芋も大きいよ」と歓声をあげながら収穫しました。その他、千葉ならではの落花生の収穫、畑の中のボールを探す「宝探しゲーム」など土いじりを楽しんだ一日になりました。そしてさくらの山公園では頭上間近を飛ぶ飛行機に歓声を上げていました。

 

今年も保育園の子どもたちを千葉へ招待します

今年も7月に福島の2つの保育園の年長の子どもたちを千葉に招待する計画を立てています。昨年同様、三里塚微生物農法酵素の会に協力していただきます。

先日打ち合わせに福島へ伺ったところ、2つの保育園とも「今から園児たちもとても楽しみにしています」と話されておりました。

2011年から始まった『福島子ども支援募金』ですが、現在まで3,975,100円の募金のご協力をいただきました。毎週野菜を届ける活動やクリスマス訪問、昨年千葉へ招待した経費として3,770,000円使わせていただきました。今回招待するにあたってはあと約50万円が必要です。

 

組合員の皆様のご協力をお願いします

今回の計画と野菜を届ける活動の継続ため、引き続き皆様のご協力をお願い致します。

 

福島子ども支援募金
1口 100円 注文番号 000888

 

 

郡山市保育園訪問

4月15日(水)組合員の皆様にご協力いただいている「福島子ども支援募金」。本日は、野菜・果物をお届けに郡山市の保育園を訪問しました。

まずは梅の木保育園へ。

「せいきょうさんだ!」とお昼寝の準備中にもかかわらず笑顔で。

なごみ3

心を開いてくれる事がうれしくてたまりませんでした。

つぎになごみ保育園へ。

おやつの時間。食べていたのは、なのはな生協のほうれん草とにんじんを使ったお団子。こちらでも「せいきょうさんだ!」と臆することなく、たくさん話しかけてきてくれました。

梅の木保育園となごみ保育園の園児を千葉に招待する計画を立てています。

素敵な思い出をプレゼントしたいと、いろいろなプランを練っています。

 

福島子ども支援募金
1口 100円 注文番号 000888

引き続き、組合員の皆様のご協力をお願いします。

クリスマス訪問2014年12月

なのはな生協

福島保育園訪問

福島子ども支援

=福島の子どもたちに野菜を届ける活動=

12月19日、いつも野菜や果物を届けている福島の2つの保育園にクリスマスプレゼントを届けに行ってきました。

まず向かったのは「なごみ保育園」。
1歳児から5歳児までが一つの部屋に集まっていて、大はしゃぎで出迎えてくれました。
サンタがプレゼントを一人一人に手渡すと、早速プレゼントの中を確認して大歓声です。

その後、園長先生に現在の様子を伺いました。
園内の放射線量は下がってきており、園庭では普通に遊ばせています。
しかし、園の外の公園や震災前に行っていたお散歩コースなどは、まだまだ除染が進まないところも多く、園外の公園などで遊ばせることはできていません。
「保育園児は園が生活の場なので、本当は広い公園やお散歩にも連れて行ってあげたいんだけど」と顔を曇らせていました。

次に向かったのは梅の木保育園。

1-3
出迎えてくれたのは5歳児クラスの年長さんです。
この子ども達は、思いっきり土に親しんでもらおうと10月、千葉に招待した子ども達です。
2か月ぶりの再会にサンタやトナカイに扮しているにもかかわらず、どちらからともなく自然にハイタッチ。
プレゼントを渡してお別れする時も、またまたハイタッチでした。
千葉での2日間が本当に楽しい思い出になったようで、招待できて本当に良かったと改めて感じました。

梅の木保育園では園長先生と栄養士の先生にお話を聞くことが出来ました。
通された事務室には何やら厳つい検査機器が。
これは給食の放射線量を測る線量計です。
これを毎日給食の度にやるのですから大変です。
放射能の心配のない、なのはな生協からの食材は大変ありがたいとおっしゃっていました。

なごみ保育園からは子ども達と保護者の方からのメッセージの書かれたカードを、梅の木保育園からは手作りのクリスマスのオーナメントをいただきました。

1-1

最後に保護者の方からのメッセージを二つご紹介します。
「いつも美味しい食材を届けていただき、ありがとうございます。おかげ様で息子は毎日を元気にすごしています。郡山で暮らすという選択をした私たち家族にとって、長期に渡るなのはな生協さんからの食材は大変ありがたいものです」
「いつも心のこもったプレゼントありがとうございます。今は簡単な説明でしか理解できない年齢ですが、多くの方々の善意に支えられて震災と原発を乗り越えてきたということを話していきたいと思います」
なのはな生協では、これからも福島で暮らす子ども達の支援活動を継続していきます。

組合員の皆様のご協力をお願い致します。
理事 川口

 

福島子ども支援募金
1口 100円 注文番号 000888

皆様のご協力をお願いします。