本年度の活動は新型コロナウイルス拡大の影響で中止となりました。

みみずの学校校則
・野菜作りを通じて安全・安心を実感する
・食べ物を大切する心を養う
・生産することの大変さと収穫の喜びを味わう
・生産者との信頼関係の大切さを学ぶ
・共同作業を通じ親子の絆を深める
・豊かな自然環境とその環境を守る大切さを実感する

今年度のみみずの学校について
※3年ぶりの開校になりますが、コロナの感染状況の先行きが不透明です。状況次第では中止になる場合があります。予めご了承ください。
なのはな生協 わくい

入学資格=組合員の親子(原則として小学生以上で毎回参加可能なご家族)
定  員=12家族(定員オーバーの場合は抽選となります)
学  費=1家族7,000円(収穫物はお持ち帰り)
現地集合、現地解散になります。
時間は 10:00~14:00です。
入学者には後日、詳しい資料をお届します。
(締切 3月25日)

問い合わせ先:043-216-7087
  なのはな生協 涌井(わくい)・伊藤

授業内容(主な作業予定等) 

4月16日(土)入学式・畑作り・サニーレタス・ミニ白菜・キャベツの植付け、カブ・大根の種蒔き
4月30日(土)草取り、援農作業
5月14日(土)草取り・ベビーリーフの種まき、玉ねぎの収穫・大根の間引きさつま芋、里芋の植付け
5月28日(土)草取り・援農作業、ベビーリーフの収穫
6月4日(土)卒業式・大根・サニーレタス・ミニ白菜・カブ・キャベツ・ベビーリーフの収穫
※里芋、さつまいもは秋に開催される「わくわく収穫体験」のものです。みみずの学校の生徒が参加する場合は参加費が半額になります。

2019年度参加者の声

もっと虫食いがあったり、大きく育たなかったりを想像していましたが、立派に育ち感動‼
白菜はずっしり重く、収穫したレタスは花束のよう!
葉の中から虫が、周りには蝶が飛び回り、生き物、食物、土、空、太陽、雨、皆がつながり、支えあっている実感ができました。
(K・S)墨田区
たくさんしゅうかくできて「また、さんかできたら」いいなと思っています。
たまねぎは、たべたらからみはそんなにありませんでした。
レタスもしゃきしゃきして食かんがよかったです。
大切にそだてるとたくさんの思いがつたわってくるんではないかと思いました。
(S・A)千葉市
“自分で耕して植えつけた畑”と思うと、とても愛着がわき、野菜の成長が嬉しく思いました。
みみずの会のお野菜を買うと“雑草との戦いです”というメッセージがありますが、草取りをして、実感としてよくわかりました。
広大な畑でこの作業をされるのは、本当に労力いると思いました。
それが野菜のおいしさ、安全につながっているのだろうとも思いました。
ご厚意で収穫させていただいた玉ねぎ、大根は、子どもも主人も大喜びで、貴重な体験をさせていただきました。
(K・O)江東区
くわを初めて見た息子は大こうふん‼でした。
一緒に持って、畑を耕しました。
息子は「結構疲れるね、大変だね」と言いながらも一生懸命やっていました。
苗や種をもらいに行ったり、里芋の穴をあけたり、積極的でびっくりしました。
(K・Y)江戸川区
「たのしかった~」(息子)